FC2ブログ

那須高原 

昨日午後、例の休診の午後、車で東北道を北に向けて走り始めた。母親の顔を見に行こうかと思っていたのだが、少し出るのが遅くなってしまったのと、腰が長距離ドライブは厭だと言っているような気がして、那須で高速を降りた。那須高原を南北に走る道を走った。途中の那須銀座は、閑散。車・人ともに殆ど見かけない。店の過半数は閉店状態。シーズンオフの平日は、このようなものなのだろうか。

那須岳の中腹まで行くと、雪がここそこに残っている。気温が、10度前後あるのに、小雪が舞っている。

DSC_0054-1.jpg

下の平野を望む。春の空気が漂っている。

DSC_0053-1.jpg

低い山にはそれほど雪が残っておらず、のんびりとした早春の息吹が感じられる。

DSC_0055-1.jpg

麓の田園地帯。木々が芽吹き、草花が萌え出る季節ももうすぐだろう。

DSC_0056-1.jpg

最初に記したが、観光地、高原ともに、車も人も殆ど見かけなかった。シーズンオフの平日だからということもあるのだろうが、夏場の週末だけにぎわうとしても、長いシーズンオフと平日にこんな状態では、観光地として経済的になかなかやって行けないのではないかと心配になる。

もう一つ気になったこと。高原を縦走する道路沿いの殆どの土地が、大手企業の所有物になっており、車を停めたり、散策したりする場所が殆どないこと。あの壮大な大自然のなかで、何と貧しいことよと思わずにおれなかった。バブルの頃、たんまり溜め込んだ内部留保で、こうした土地を大企業が買いあさり、その後のバブル崩壊で売るに売れなくなったのだろう。

21世紀中ごろには、日本の人口は、8000万人を割り込む。すでに確実な人口減少社会に入っている。那須は、観光地であり、特殊な条件の土地だが、どうしても近未来の日本を重ねてイメージしてしまう。8000万に人口が減ったときに、都会の人口減少はさほど多くはなく、田舎での人口減少は、その減少の割合よりも大きなものになるのではないだろうか。車も殆ど行き違わない田舎道を走りながら、そうした思いが去来した。

コメント

今夜の7メガはノイズの海で何も聞こえませんでした.雨が降ると近くの高圧線からのノイズが物凄いです.
明日の朝から日光方面に出かけ,那須高原で一泊します.時間があればShinさんのアンテナを見上げに行くかもしれませんが,時間が特定できませんのでお邪魔するのは控えます.

透き通る木々がきれいですね

若き頃仕事をした場所。懐かしさが湧きあがってきました。当地に住む友人に久々にメールを送ってみようと思います。
管理人様→コメ不要です。

Atsuさん

昨夜は、ジャミングが凄かったですね。7042近辺を中心周波数とする、酷いジャミングで、+-30KHzは、使用不能になっていました。私のところからすると、真北の方向から来ているようでしたが、サイドのヌル点がはっきりしなかったので、スキャッターだったのかもしれません。

那須への旅行、この週末だったのですね。自宅にいれば、お相手をできますが、ご家族ご一緒では、退屈されることでしょう。またの機会にゆっくり単独行でいらっしゃって下さい。楽しい旅行になりますように。思い出作りの家族旅行、私は殆どしなかったなぁと後悔することしきりです。

雪の夜道さん

あのあたりというと、・・・温泉病院かなと想像しました。県北は、こちらよりも寒さが厳しいのでしょうね。こちらで勤務なさっていたとは、世の中狭いものです。元の同僚の方と連絡がとれると良いですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1672-2a25d683