FC2ブログ

新型インフルエンザ対策総括会議 

新型インフルエンザ騒動を総括する、厚生労働省の会議が議論を始めたらしい。取り上げようと思っていたら、今日付けのYosyanさんのブログで、同会議の最初の会合の内容が詳細に報告検討されている。

私が、この会議について疑問に感じたのは、会議メンバーの人選だ。メンバーは以下の通り。

金澤 一郎 ◎ 日本学術会議会長
岩本 愛吉 ○ 日本感染症学会理事長
伊藤 隼也 医療ジャーナリスト
岩田 健太郎 神戸大学大学院医学研究科教授
岡部 信彦 国立感染症研究所感染症情報センター長
尾身 茂 自治医科大学教授
河岡 義裕 東京大学医科学研究所感染症国際研究センター長
川名 明彦 防衛医科大学校教授
田代 眞人 国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センター長
谷口 清洲 国立感染症研究所感染症情報センター第三室長
丸井 英二 順天堂大学医学部教授

新型インフルエンザ対策(以下、「対策」と略す)を進めてきた面々が、自分達の行なった「対策」を総括する、という形式にまず違和感を感じる。国民を右往左往させ、とりわけ医療現場に酷い負担を与えた「対策」は、「対策」を策定した人物以外の方々に総括してもらいたい。もらいたいというより、第三者の目で見た批判的な総括をすべきなのだ。

もう一つ、「対策」で実際に苦労した医療現場の人間が、この会議メンバーのなかに見当たらないことも納得が行かない。特に、インフルエンザワクチンを国が買い取り、行政を介して配布するというシステムを取ったために、医療現場は、大きな労力と、経済的な負担を強要された。医療現場の人間が、今回の「対策」に多くの注文があるはずだ。神戸大学の岩田教授が、そうした医療現場の疑問・注文を代弁してくれているが、会議メンバーの多くは行政と一体化した面々にしか過ぎない。伊藤某というカメラマン、最近医療ジャーナリストと自称している人間を加える余裕があるなら、何故医療現場で汗をかいた人間を加えないのだろうか。

このままでは、行政の自画自賛の総括しか出てこない。それでは、もっと強毒のウイルスが流行した時への準備としての総括にはなりえない。

正直、厚生労働省の医系技官は、もう少し知性的な人々かと期待していたが、結局、自らの立場を守ることだけに汲々としている人間の集まりであることを露呈している。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1696-6621756f