FC2ブログ

安達太良高原 

昨日午後、息子に会うために、東北道を一路北上。少し時間があったので、安達太良高原から、吾妻山系の麓まで車を走らせた。当ても無く、カーナビ頼りに走りぬいただけなので、詳細な地名・山名は不詳。きままなドライブだ。

安達太良高原は、広大な高原で、観光地化もあまりされていない。日曜日なのに出会う車が少ない。高原の上の方では、低い松の林が見られた。

DSC_0064-1.jpg

安達太良山は遠景ではなだらかな裾野の広がる雄大な山だが、その裾野が何時までも続き、主峰にまで迫ることはできなかった。峠を一つ越えた稜線から、遠くに安達太良山と思われる山を望む。

DSC_0063-1.jpg

より近づいた景色。ここはかなり高い稜線上。車が一台も通らない。スキーも終わり、新緑を愛でるにはまだ早すぎるのだろうか。陽が傾き始め、万一陽が暮れるとともに道路が凍結したらと考え、帰路を急いだ。

DSC_0066-1.jpg

磐梯山・猪苗代の方角なのだが、山の名前は分からず。周囲は、雪が数十cmの深さで残っていた。

DSC_0070-1.jpg

その後、土湯温泉に抜けて無事下界に戻ってこられた。

ドライブ中のBGMは、載せっぱなしにしている、ブラームスのピアノトリオ、1,2番。デュメイ、ワン、ピレシュの演奏。アゴーギクを大きくとっているのに、ぴったりと合っている。恰も呼吸するかのように、フレーズに僅かな緩急をつけて演奏している。こころ揺さぶられる心地がする。

後2週間すると、2番のトリオの4楽章初合わせ。自分のお尻に火をつけなくては・・・。

その後、息子と夕食を一緒にとった。毎日が精一杯らしいが、元気そうだ。スーパーで食材を買ってやり、そこで別れた。東北道を多くの車に挟まれながら南下。午後10時近くに無事自宅着。

コメント

出湯温泉(新潟)ではなく土湯温泉(福島)ではないでしょうか?
磐梯吾妻スカイラインも気持ちいですよ。GWでも空いていると思います。

スカイラインは修学旅行のコースだったりするかもしれません。

お二方、コメントをありがとうございます。土湯温泉でしたね。訂正いたしました。

スカイラインも走ったのだったと思いますが、どこから何処までがそれだったのかよく分かりません。次回は、よく下調べをして出かけたいと思います。

最終的に、国道115号線の猪苗代川から、長いトンネルを抜けて、土湯温泉の脇を通り過ぎ、下界に下りて来たのでした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1719-2f2ddc94