FC2ブログ

「メディカル ツーリズム」 

「メディカル ツーリズム」を、国の成長戦略として取り上げようという動きが盛んだ。わが国の優れた医療と、観光を外国の富裕層に売り込み、同時に利用し、愉しんでもらおう、それによって国の経済的な成長を実現しようということなのだろう。

「メディカル ツーリズム」では、観光はお添えものであって、本体は医療になる。医療を外国に受けに行くモチベーションは、どのような医療内容かによって変わるかもしれないが、基本は、「コストが比較的安く、技術・医療内容が優れている」ことだろう。

日本の医療は、現状コストが極めて低廉だ。が、為替上のメリットは、外国からやって来る方には少ない。いきおい、対象は、外国の富裕層だけになる。「メディカル ツーリズム」の受け入れ医療機関は、大きな収益を目指す、大企業関連または既存の大規模医療機関になる。収益を大きく上げるためには、当然自費診療にした上で、高コストを目指すことになるのだろう。

いわば、富裕層と高度医療の医療機関との間の結びつきが、国境を越えてグローバル化するのだ。それだけであれば、我々には大きな影響はなさそうに見える。

が、現実問題として、アジア諸国等で行われている「メディカル ツーリズム」には様々な問題が生じていることが報告されている。臓器移植にまつわる倫理的な問題、似非医療の問題、医療過誤・医療事故に伴う法的な問題、さらに開発途上国の医療リソースが奪われることによる当該国国民の医療の劣化、等だ。

日本で「メディカル ツーリズム」が行われた場合に、どのような問題が生じるだろうか。高度医療が、自費診療とされ、それが一般国民の診療にも波及することは十分予想される。実際、財務省、さらに厚生労働省の諮問会議等によって、高度医療の選択肢が増えるメリットを謳う一方、隠すかのように小さな項目として、自費診療を導入し、公的医療費を削減する方針が繰り返し述べられている。

現状では、まともな医療を行えぬほどに、医療経済が窮乏化されていることは事実だが、「メディカル ツーリズム」導入にかこつけて、国民への医療が、富裕層向けとそうでない層向けに二分され、後者が現状よりも窮乏化されることになる。それで良いのだろうか。

医療は、本質的に社会主義的な視点が必要な社会インフラだ。基本的に、病者は社会的な弱者であることを忘れるべきではない。「メディカル ツーリズム」というオブラートに包んで、医療を利潤追求だけの制度にすることには賛成しかねる。「メディカル ツーリズム」という言葉自体に何か胡散臭さを感じる。


以下、引用~~~

「医療ビザ」の新設検討 アジアの富裕層を治療 政府、成長戦略に反映
10/04/27
記事:共同通信社
提供:共同通信社

 政府は26日、日本で長期治療を希望する外国人のため、「医療滞在ビザ」を新設する方向で検討に入った。日本に長期間滞在し、高水準の医療を受ける中国やアジア地域などの富裕層を増やし、医療ビジネスの拡大につなげる。6月にも閣議決定する成長戦略に反映させる考えだ。

 国家戦略室が26日に実施した成長戦略をめぐる意見聴取で、外務省と厚生労働省が医療ビザの創設に前向きな考えを示した。内閣府の津村啓介政務官(国家戦略室担当)は「医療は成長戦略の大きなテーマだ。医療ビザ創設を成長戦略に盛り込みたい」と述べた。

 現行制度では、日本で治療を受ける外国人は最長90日間滞在できる観光用などの短期ビザで入国している。長期入院する場合は滞在期間の延長手続きが必要になる。延長が認められないケースもあり、外国人が日本で治療を受けるのをためらう要因になっているとされる。

 津村政務官は、治療を受ける外国人が滞在を延長する手続きを簡素化したり、現行制度よりも滞在期間を長くする形で医療ビザを設ける考えを示した。具体策は外務、法務、厚労省などで検討を急ぐ。

 政府は、成長戦略の重点分野の一つに医療を挙げている。厚労省は海外の医療保険を、日本の医療機関で利用できるようにすることも提案している。

コメント

m

日本では厚生省が医療市場規模をコントロールしていますが、米国では市場の拡大に制限がなく、次々と先進的な技術がうまれています。現在のところ医療関連の製品は米国が日本勢を圧倒しているのも圧倒的な物量さ、市場の規模だと思います。メディカルツーリズムがこの状況に一石を投じるのと宵のではないかと考えています。

コストで東南アジア諸国や韓国には対抗できないでしょうがメディカルツーリズムは米国人をターゲットにするのであれば道は開けてくると思います。

外国人向けのメディカルツーリズムのウェブサイト↓は日本の名医をフィーチャーしており海外でも日本の医療技術に関心があるような気がいたします。

メディカルツーリズム
http://www.japan-medical-tourism.com/

日本の医療費がアメリカに比べて低いので、一部の外科医の質は突出していると思います。 中小部品輸出企業のようにオンリーワンになる努力を医療でもすれば突破こうが開けるような気がするのですが。。。

「米国では市場の拡大に制限がなく、々と先進的な技術がうまれています」というのは、仰られる通りだと思います。が、その一方、医療の現場では、4000万人に上る無保険者がおり、さらに重病にかかると、一部の富裕層以外は、破産せざるを得ないような状況にもあります。

私は、医療に市場原理を導入することには賛成できません。メディカルトゥーリズムも、日本国民の医療資源を簒奪し、一部の医療機関・医療関連業者だけが利益をえるものだと思います。メディカルトゥーリズムと同時に、混合診療を導入するように、一部の財界人と財務官僚は、画策しているようです。それが、社会の趨勢なのかもしれませんが、「原理的には」私は、賛成できません。今の低医療費政策自体も医療を歪なものにしているので、いずれにせよ良い見通しはないわけですが・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1721-3e62b7c0