FC2ブログ

Water Wells for Africa 

先日、Steve N6TTと交信した際に、次女のHannahがマラウイでのNPO活動、井戸掘削に参加するために旅立ったと聞いた。昨日の段階では、ロンドンに無事到着、今日マラウイに向かうとのことだった。

高校を終えたばかりのHannahが、恰も夏休みの旅行を愉しむかのように、国際援助活動に参加することに、ちょっとした感動を覚えた。長女のAmyも、同じ活動に関わり、その後の進路を決める際にも影響を受けたと聞いた。

以前にも記した通り、Steveも体調が回復し、事情が許せば、来年は、お嬢様二人と一緒にマラウイに飛んで、この事業に参加したいと言っていた・・・勿論、無線もやるのだろう。

で、こうした国際援助活動が良く行われているのか、ネットで調べてみた。すると、最初にヒットしたのが・・・

WATER WELLS FOR AFRICA

というNPOだった。その内容を読むと、NPO本部のある場所が、Steveの住んでいるManhattan Beachである。毎年夏マラウイに井戸の掘削事業に人を派遣しているということも、HannahやAmyの関わっている活動と同じ。このWWAというNPOが、Steveのご家族が関わっているNPO団体そのものだろうとほぼ確信した。

WWAの趣意を読むと、マラウイのような開発途上国では、水が足りないのではなく、水を供給するインフラが足りないのでそれを作ることを目的とし、さらに、そのインフラの使い方、メインテナンスの仕方も指導するとあった。ただ足りないものを現地の方々に与えるということではなく、現地の方々が自立してインフラを使い続けられるようにするという、素晴らしい援助の仕方だと思う。

Steveのお子さん達が、こうした活動に参加して成長なさってこられたのだろう。子育てにもっとも必要なことなのかもしれない。

Steveには、このNPOに関わっているか確認をしていないが、それに関係なく、Paypalを使って僅かな寄付をこのNPOにしておいた。

コメント

昨夜、Steveに会って確認したところ、確かにこのNPOが、Steve一族が関与している組織であるとのこと。責任者のKurtと親しくしているらしい。Kurtは、六人のお子さんを持ち、赤貧の生活を送っておられるとのことだった。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1809-e5af5652