FC2ブログ

インフルエンザ再び 

明日は、立秋。暑いといいながら、秋も少しずつ近づいている。

インフルエンザのシーズンもやって来る。インフルエンザの予防接種を、季節性も含めて、国家管理下で行うようにするという、「暗い話題」が再び持ち上がっているようだ。行政はあまり当てにはできずというか、昨秋、任意接種でありながら国が予防接種事業をガジガジに管理して、医療現場は大いに苦しめられた。

それでも、インフルエンザ対策を、医療現場で考えて行かねばならない。

実のところ、インフルエンザの予防接種は、乳幼児への効果が、医療現場にいて、もう一つ確信が持てない・・・が、その年齢層がかかると重くなりうるので、予防接種を一応勧めている。昨年のH1N1の流行に際して、この年齢層での、「予防効果」について、明確なデータが出ているのだろうか・・・少なくとも、管理を仕切っていた厚生労働省からは、データが来ない。

それでも、ウイルス感染の一番の方策は、予防接種なので、今年も年幼の患者さん、基礎疾患を持つ患者さんには
勧めることになるだろう。

つい最近、東大の医科研で、昨年のH1N1が鳥インフルエンザH5N1と交雑しやすく、H5N1がヒトヒト間感染力を持つ可能性を指摘するデータが出されている。

一方、H1、H3の季節性インフルエンザ予防接種を受けた人からB細胞株を樹立し、その産生する抗体のスペクトラムを見たところ、H5の中和抗体ターゲット部位HAに対する抗体が産生されていたとの報告がある(下記)。

これらの点から、H1N1をローリスクだと片付けずに、H5N1への交叉免疫形成を期待して、H1N1の予防接種を勧める意味があるのかもしれない。


J Clin Invest. 2010 May 3;120(5):1663-73. doi: 10.1172/JCI41902. Epub 2010 Apr 12.

Heterosubtypic neutralizing antibodies are produced by individuals immunized with a seasonal influenza vaccine.
Corti D, Suguitan AL Jr, Pinna D, Silacci C, Fernandez-Rodriguez BM, Vanzetta F, Santos C, Luke CJ, Torres-Velez FJ, Temperton NJ, Weiss RA, Sallusto F, Subbarao K, Lanzavecchia A.

Institute for Research in Biomedicine, Bellinzona, Switzerland.

Abstract
The target of neutralizing antibodies that protect against influenza virus infection is the viral protein HA. Genetic and antigenic variation in HA has been used to classify influenza viruses into subtypes (H1-H16). The neutralizing antibody response to influenza virus is thought to be specific for a few antigenically related isolates within a given subtype. However, while heterosubtypic antibodies capable of neutralizing multiple influenza virus subtypes have been recently isolated from phage display libraries, it is not known whether such antibodies are produced in the course of an immune response to influenza virus infection or vaccine. Here we report that, following vaccination with seasonal influenza vaccine containing H1 and H3 influenza virus subtypes, some individuals produce antibodies that cross-react with H5 HA. By immortalizing IgG-expressing B cells from 4 individuals, we isolated 20 heterosubtypic mAbs that bound and neutralized viruses belonging to several HA subtypes (H1, H2, H5, H6, and H9), including the pandemic A/California/07/09 H1N1 isolate. The mAbs used different VH genes and carried a high frequency of somatic mutations. With the exception of a mAb that bound to the HA globular head, all heterosubtypic mAbs bound to acid-sensitive epitopes in the HA stem region. Four mAbs were evaluated in vivo and protected mice from challenge with influenza viruses representative of different subtypes. These findings reveal that seasonal influenza vaccination can induce polyclonal heterosubtypic neutralizing antibodies that cross-react with the swine-origin pandemic H1N1 influenza virus and with the highly pathogenic H5N1 virus.

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1830-f4b369e5