FC2ブログ

広範なインフルエンザウイルス株に効く予防接種の可能性 

インフルエンザウイルスは、突然変異を起し易く、その予防接種は、流行する株を予測して準備することになっている。

その予測が外れた場合、または昨シーズンのように予測外のハイブリッドウイルスが出現した場合等、予防接種の効果は期待し難い、または僅かな効果しか得られないことになる。

予防接種の抗原の選択と、投与方法を検討することにより、同一種のインフルエンザウイルスであれば、幅広い株(亜種)に効果が期待できると、下記の報告は述べている。Scienceという一流の雑誌なので、期待できそうな研究結果だ。

H1N1のHA抗原をコードするplasmid DNAをまず接種する。ついで、季節性インフルエンザ予防接種またはHAをコードした増殖能を欠いたアデノウイルスでブーストすると、広範なH1N1亜種に対して、中和抗体が産生される、ということのようだ。これは、マウス等での動物実験の結果だが、人以外の霊長類でも同様の結果が得られているとのこと。人での広範な株へのインフルエンザ予防接種作成への手がかりになるだろう、とのこと。


以下、引用~~~

Science. 2010 Jul 15. [Epub ahead of print]

Induction of Broadly Neutralizing H1N1 Influenza Antibodies by Vaccination.
Wei CJ, Boyington JC, McTamney PM, Kong WP, Pearce MB, Xu L, Andersen H, Rao S, Tumpey TM, Yang ZY, Nabel GJ.

Vaccine Research Center, NIAID, National Institutes of Health, Bethesda, MD 20892-3005, USA.

Abstract
The rapid dissemination of the 2009 pandemic influenza virus underscores the need for universal influenza vaccines that elicit protective immunity to diverse viral strains. Here, we show that vaccination with plasmid DNA encoding H1N1 influenza hemagglutinin (HA) and boosting with seasonal vaccine or replication-defective adenovirus 5 (rAd5) vector encoding HA stimulated the production of broadly neutralizing influenza antibodies. This prime-boost combination increased neutralization of diverse H1N1 strains from 1934 to 2007 compared to either component alone and conferred protection against divergent H1N1 viruses in mice and ferrets. These antibodies were directed to the conserved stem region of HA and were also elicited in nonhuman primates. Cross-neutralization of H1N1 subtypes elicited by this approach provides a basis for development of a universal influenza vaccine for humans.

PMID: 20647428 [PubMed - as supplied by publisher]

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1837-b1a46e01