FC2ブログ

Prose W4BW 

Prose W4BWのことは、以前にまとめて、どこかに記したかと思ったが、そうではなかったようだ。Tim VK3IMと昔話をした際に、彼の口から出てきた、懐かしいコールの一つとして以前のポストに記してある。

懐かしいといっても、彼が92歳でサイレントキーになったのは、まだ8年前のことだ。彼と頻繁に交信をしていたのは、90年代前半までだったろうか・・・彼の奥様が亡くなり、フロリダからニューヨークに、彼が移り住む前までのことだった。

私が無線にカムバックした80年代に、Proseとはしばしば交信させて頂いた。日の落ちる頃、フロリダはTallahasseeという打ちにくい地名の町から、7メガで強力な信号をこちらに送り込んでこられた。時にキーボードを用いておられたが、大体は、キーヤーで、ゆっくりした速度のCWであった。CWは、名手であり、送信し間違いは殆どなし。悠揚あい迫らざるキーイングで、周期の長いQSBを伴い、こちらに届く信号は、本当に忘れえぬものだ。それをどのように表現するか困った私は、とっさにMANLYだと申し上げたら、笑いながら気に入って下さった。リグは何をお使いだったか・・・昔、コリンズの技術者をしておられて、SラインだったかKWM2の設計に携わったと仰っていたので、コリンズだったのかもしれない。

アンテナが、フルサイズの3エレで、自立タワーに載せてあった。周囲は、低い潅木の続く平原だったようで、信号が強力なのは当然のことだった。当時80歳を過ぎておられたと思うが、自作のアンテナエレベーターに乗って、アンテナの保守をしているとのことだった。ワイアーで、座椅子のような乗り場を上げ下げする簡単なエレベーター。いかに安楽かと、そのエレベーターに座って、片手にウイスキーグラスを持ち、にっこり微笑んで撮った写真を送っていただいたことがあった。タワーの頂から撮った周囲の写真もあったはずだ・・・。

それらの写真、どこかに保存してあるはずなので、スキャナーで取り込んでみたいと思っている。お子さん達は既に独立され、Ellanieというお名前でいらっしゃったか、奥様と二人の静かな生活を送っておられた。やがて奥様が体調を崩され、亡くなられたのを境に、プッツリと彼の信号が聞こえなくなってしまった。風の便りによると、養老院のような施設に入られたとのことだったが、彼の死を報じるQCWAの、この記事によると、お嬢様の住むニューヨークに移り住み、亡くなる直前まで無線を愉しんでおられたらしい。それを知って、お目にかかれなかったのは残念なことだったが、彼にとっては、ご家族が近くにおり、無線もできる平安な晩年だったのだろうと知り、ホッとしたことだった。

その記事にも記してあるが、彼は、FCCの民生・アマチュア無線部門の責任者を1970年代に数年間勤めたらしい。あちらの官僚は、政権交代と共に、交代すると聞いていたが、Proseのように実務を良く知る人間が関連する行政の責任者を務めることが、どこかの国の官僚とは大違いだ。彼は、WARCバンドの創設に力を尽くしたようだ。米国のアマチュア無線の免許制度は、費用、手間、それに希望するコールサインを得られるシステム等々、わが国とは大違いである。リグ毎に、許認可を得ることや、固定と移動の二種類の免許があるわが国の制度を、米国のハムに説明することは難しい。彼等にとっては、信じられないことなのだ。米国にも官僚制度の問題はあるかもしれないが、アマチュア無線に限れば、とてもフレキシブルな制度になっている。勿論、ARRLとJARLの体質の違いもあるのだろう・・・JARLほど膠着した組織もない。Proseのようにアマチュア無線を実際に晩年になるまで愉しむような、アクティブなハムが、官僚を務めていることも、かの国の制度の合理性にも寄与しているのだろう。

最近、日の沈む頃、7メガでダイアルを回すことが時々あるが、Proseが活発に聞こえていた時代とは様変わりし、バンドが静まり返っている。あの良い時代は、確実に過去のものになってしまったのだろうか・・・。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1857-28001946