FC2ブログ

徹底していないだけという、官僚の認識 

地域の保健所から、「院内感染対策の徹底について」というタイトルのメールが送られてきた。帝京大病院でのアシネトバクター感染問題を受けて、厚生労働省が保健所を通じて、医療機関に出した通達のようだ。

多剤耐性アシネトバクター(MDRAと略す)の疫学と簡単な説明に続いて、MDRA院内感染の「対策」が記されていた。

国立感染症研究所第二細菌部長 荒川宣親氏の文章のようだ・・・

「対策としては、緑膿菌と同様に、日常的な医療環境の衛生管理の徹底と標準予防策の励行とともに、本菌が尿や喀痰などから検出された患者における接触感染予防策の徹底、さらに病院内の湿潤箇所や、特に人工呼吸器の衛生管理と消毒などに留意する必要がある。点滴などの混合は、可能な限り無菌的な環境と操作により行い、混合後直ちに使用する。」

一方、世界標準の対処方法の一つを述べた総説を以下に挙げる。

院内感染共通感染原の発見、そのために培養と菌のタイピングを行うこと。

一連の感染予防策を講じること、即ち、厳重な環境整備、再利用医療機器の効果的な無菌化、手指の洗浄の励行、接触感染の予防等。

この対策にかける温度差を、厚生労働省の文書と、この総説の間で感じてしまう。特に、大きいのが、培養とタイピングを、流行時には行うことを強調している点である。厚生労働省は、JANISという限られた医療機関でのサーベーランスシステムがあることを紹介しているが、実際にMDRA院内感染が生じたときに、医療機関が培養・タイピングでどのように対応すべきかを述べていない。

さらに、重要なことは、こうした感染予防に関わる、医療機関の人的・経済的な負担について、一言も言及がない。厚生労働省は、この春まで、院内感染防止への診療報酬上の手当てを全くしてこなかった。本腰を入れて、厚生労働省が、院内感染防止に乗り出しているとはとても思えない。

院内感染対策の徹底について、下々の医療機関に通知するということは、その対策は既に厚生労働省から出されており、現場が徹底していないだけ、という官僚の認識なのだろう。


Lancet Infect Dis. 2008 Dec;8(12):751-62.

Current control and treatment of multidrug-resistant Acinetobacter baumannii infections.
Karageorgopoulos DE, Falagas ME.

Alfa Institute of Biomedical Sciences, Athens, Greece.

Comment in:

Lancet Infect Dis. 2010 Mar;10(3):143-4.

Abstract
Institutional outbreaks caused by Acinetobacter baumannii strains that have acquired multiple mechanisms of antimicrobial drug resistance constitute a growing public-health problem. Because of complex epidemiology, infection control of these outbreaks is difficult to attain. Identification of potential common sources of an outbreak, through surveillance cultures and epidemiological typing studies, can aid in the implementation of specific control measures. Adherence to a series of infection control methods including strict environmental cleaning, effective sterilisation of reusable medical equipment, attention to proper hand hygiene practices, and use of contact precautions, together with appropriate administrative guidance and support, are required for the containment of an outbreak. Effective antibiotic treatment of A baumannii infections, such as ventilator-associated pneumonia and bloodstream infections, is also of paramount importance. Carbapenems have long been regarded as the agents of choice, but resistance rates have risen substantially in some areas. Sulbactam has been successfully used in the treatment of serious A baumannii infections; however, the activity of this agent against carbapenem-resistant isolates is decreasing. Polymyxins show reliable antimicrobial activity against A baumannii isolates. Available clinical reports, although consisting of small-sized studies, support their effectiveness and mitigate previous concerns for toxicity. Minocycline, and particularly its derivative, tigecycline, have shown high antimicrobial activity against A baumannii, though relevant clinical evidence is still scarce. Several issues regarding the optimum therapeutic choices for multidrug-resistant A baumannii infections need to be clarified by future research.

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1875-50871b53