FC2ブログ

Rumen LZ1MS 

昨日夜14メガがヨーロッパに良く開けていた。強力な信号のRumen LZ1MSを見つけて、呼んだ。2,3年ぶりの交信ではないだろうか。

彼が、中米のBelizeに滞在していた頃(90年代前半だったか)、V31LZとして7メガによく出没しており、何度か交信し、その後彼がFOCに入ってから頻繁に・・・といっても年に何度かの頻度で、このところは間隔が空いたのだったが・・・お目にかかっていた。

経済学、特にビジネスの国際関係論が専門と伺っていた。Belizeにもその専門を教えるために行っておられたと伺っていた。そもそも、ブルガリアのような東ヨーロッパの局で、英語で話しが出来る局は多くはない。ブルガリアでは、Rumen以外に話し込むのは、Dim LZ1AFくらいしかいない。ブルガリアの政治経済の様子は、かなり気をつけていない限り、ほとんどマスコミのニュースでは入ってこない。

Rumenに、経済状況はどうなのか、近くのギリシャ等が経済が破綻しかかっているようだがと尋ねた。Rumenに言わせると、ブルガリアはそれほどは酷い状態ではない、上手く動いている、ギリシャの影響を確かに受けているが、とのことだった。経済の専門家のはずだが、あまりその手の話題には乗ってこない。

Belizeにいた頃から使っている、TS870を大切にまだ使っているらしい。ブルガリア製のアンプにKT34XAというかって無線界で流行したトライバンダー。ケンウッドから今秋市販される新しいトランシーバーに注目している、もし良いものであれば、買いたいと思っている、とのことだった。ご家族のことでは、1年前に最初のお孫さんAngelaが生まれた由。孫娘自慢の祖父になったよと言って笑っていた。

QRZ.comの彼のページを覗くと、上記と同じ情報が記されている。1956年生まれだから、50歳代半ばだ。90年代後半に、ブルガリア政府の閣僚(財務大臣や、第一副首相)を務めた様子。同じ頃、国連の経済関連のスタッフも務められたようだ。こうした話しは無線では一度も聞いていなかった。彼自身、経済的には恵まれているのだろう。その経歴からして、国内経済の状況はどちらかというと良い方に受け取っているだろうし、国外の友人にもそのように話したいのだろうなと納得した。今度お会いした時には、彼の考えにそのバイアスはかかっていないか尋ねてみなくてはなるまい。

今月下旬から、新しい年度が大学で始まる、授業の準備をしていると張り切っておられた。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1876-1ca0bf90