FC2ブログ

7メガロングパス 

夜間の7メガは、まるで北極圏のオーロラに覆われたように、どの地域に対してもスキップしている。例外的に、ヨーロッパの北部・東部が弱々しく入感することもある。米国の常連もさっぱり聞こえない。それに、中国の軍事レーダーのノイズが酷い。夜間は、あまり運用できない。

今朝、夜明け前に起きだし、ローバンドを聞いた。7メガはおろか3.5メガでも国内がスキップしている。7メガでは、ヨーロッパが聞こえるが強くはない。朝日が昇る頃、7メガのロングパスで北米東部が聞こえ始めた。riseとfallの切れが良い、独特の信号だ。早いQSBを伴っているが、相手がビーム組だと、S9を振っている。何度かCQを出すと、続けて数局呼んできてくれた。今シーズン初めてのロングパスでの交信。

W8FJ Johnと久しぶりに交信できた。彼のことは以前、こちらで記した。ペンシルバニアに住む獣医。もう65歳になるのだろうか。仕事はまだ続けているが、仕事量を減らしている。今日は、休日だったとのこと。Alan KF3Bと昼食を摂り、彼のシャックの配置換えを手伝ってきた由。同じ専門の長女は、その後、彼の元を去り、ニューヨークで仕事を続けている様子だ。彼のクリニックには、部下の医師が一人おり、仕事を共同でしてくれている、近いうちに、彼にクリニックを譲渡してリタイアしたいと言っていた。次女は、彼の仕事を手伝っていたが、来年夏から薬学の勉強を始める意向のようで、その準備を近くのコミュニティカレッジでしているそうだ。最近の子どもは、30歳代になるまで自立しないね、と言って笑っていた。でも、将来の見通しが出来て、ほっとした様子だった。他に待っている局もいるだろうからと、10分程度の交信をきびきびと終え、去っていった。Alanともしばらく会っていないが、Johnとも1年に一度程度会うだけだろうか。東海岸と、このように安定して交信できる機会はさほどない。丁度日食のコロナが光るように、短時間バンドが光り輝く時間だ。

またロングパスを狙って、朝出てみることにしよう・・・。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1950-9c2eea8a