FC2ブログ

真面目に議論してもらいたい 

このような記述をネット内で拾った。時間がなくて、その出所、真実性を確認していないが、まぁ、当たらずとも遠からずではないだろうか。今後の人口の減少の程度、経済発展(減速)の状態等によって、試算はある程度変わるが、厳しい方向に向かっていることは確実。年金財政だけでなく、国家財政そのものもこの数年で破綻する可能性がある。

『年金財政
収入:毎月みんなが払う保険料(約22兆円)+国庫負担(=税金、約5兆円)=27兆円
支出:報酬比例年金支払い(約22兆円)+基礎年金支払い(約13兆円)=35兆円

19年度時点で、既に基本部分が5兆円も赤字になっています。

127兆円の積立金を毎年5兆円ずつ取り崩すと、25年で枯渇します。』

で、今日の国会衆議院予算委員会の議論の模様を、テレビで、仕事の合間にちらちらと見ていた・・・民主党も民主党だが、自民党は、閣僚や、例の小沢一郎氏の揚げ足取りの議論ばっかり。堅実な野党の存在が今ほど必要なときはない。

深刻な国の将来を根本的に議論しなくてはならないのではないか。

このままでは、国民は救われない。

コメント

今日の国会中継は「政治と金」の集中審議なので、小沢問題を取り上げるのは当然です。保険料などの議論はTV中継されませんので、衆議院や参議院のネット中継でご覧ください(過去の審議も見れます)。

あ、そうでしたか。

それにしても、カクマル派がどうしただの、北朝鮮と関連があるかもしれぬ企業との昔の関係がどうしただの、あまり現在の政治に関係したことには思えません。

大体において、これまで自民党が行なってきたことを考えると、自民党が「政治と金」で民主党を批判できる立場にあるとは思えないのですね。

小沢さんのことをあげつらうなら、二階さんとか自民党にも灰色議員がごちゃごちゃいます。

私は、民主党シンパというわけではないのですが、こんな議論を延々と続けてもらいたくない。やるんだったら、政治資金規正法厳格化、企業献金の禁止をさっさとやるべきでしょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2001-c9ff5c16