FC2ブログ

日本の医療材料費は極めて高い 

新聞記事です。これが医療関係者ではなく、マスコミから出た情報であれば、マスコミも大したものだと評価するのですが・・・どうして、医療材料費が、このように高く、医師の技術料は低く抑えられているのでしょうか。

最後のパラグラフの開業医の見方は、開業医である私からすると、ちょっと違います(開業するには大きな初期投資が必要、誰も仕事を肩代わりしてもらえない、退職金等が原則ない等々、開業するリスクも大きい)が、他の点では、筆者に共鳴します。

以下引用~~~

山口労災病院 外科部長
加藤 智栄

読売新聞2007年1月25日

医療費抑制の名目で、昨年4月から3・16%の診療報酬引き下げが実施された。日本の医療費は約32兆円でパチンコ産業とほぼ同額であり、国民の命を守るのに決して高いと思わない。

財政再建を掲げるのであれば、医療費抑制の前に無駄の多い公共事業費をもっと削減し、医療費を抑制するのであれば、内外格差が甚だしい医療材料費の削減を大胆に行うべきで ある。

日本の医療は、技術料が低く抑えられているが、材料費が諸外国と比べて異常に高い。虫垂炎手術を日本で行えば7日間の入院で約38万円で済むが、ニューヨークではたった1 日の入院でも244万円、北京では48万円(4日入院)である。一方、心臓ぺースメーカーの内外価格差は3~4倍である。日本では116~148万円(2004年)、中国 では外国製品なら80~100万円、国産.品なら40~60万円。狭心症の風船療法"に用いるバルーンカテーテルは日本17~19万円(04年)、米国7~8万円。白内障 治療に使う眼内レンズは日本5・2万円、米国1・4万円。冠動脈ステントは日本33.8万円、英国6.4~10.5万円(01年厚生科学研究)。冠動脈ステント治療の総医 療費は米国368万8200円、日本174万750円で米国が2倍以上高いが、材料費は日本よりも安い。

日本の冠動脈ステント治療費のうち材料費は58%、手術費は14%である。人工関節置換でも材料費が40~50%を占め、手術費は15~17%である。
一部に「外国製品だから高価になるのは当然」との声もあるが、それは正しくない。ある国産医療メーカーは、日本国内価格の約5分のーの価格で自社製品を海外で販売している 。たとえば人工肺は日本で1620ドル、アジア210~1000ドル、米国220~950ドル、欧州240~500ドルである。
医療材料の種類は20~30万種類といわれるが、外国での希望販売価格の1.5倍未満の材料については価格引き下げの対象にすらなっていない。本当に医療費を抑制したいの であれば、材料費の国際比較を行った結果を公表し、適正なる価格設定を行うべきである。医療費のうち材料費が占める割合は約6%なので、仮に現状の半額にすると約1兆円の 経費削減が司能と考えられる。

医療現場では、クリニカルパス(入院から退院までの診療計画書)などを導入し(在院日数短縮、患者1人当たり総入院費削減を図っている。たとえば、胆石症手術で腹腔鏡下胆 嚢摘出術は、クリニカルパスを導入した結果、在院日数が12.5日から5.8日に、入院費用は62万5000円から47万7000円に減少した。当科の在院日数は02年度 23.4日、05年度16.9日になり、1日平均の入院患者数は02年度38.6人、04年度34.3人になった。在院日数減少の割に入院患者数が減少していないので勤務 は年々過密になってきている。

急性期医療を担っている勤務医は概ね疲れている。当直や緊急手術でたとえ一睡もできなくても翌日通常勤務をしなければ病院経営が成り立たない。リスクを青負って急性期医療 を担っている勤務医が、リスクが少なくて収入面で優遇される開業医(2.5倍の格差)に流れていくのは当然である。医療費を増やすことができないならば、せめて優遇され続 けている医療材料費の内外格差を是正し、その是正分を、崩壊の危機にある急性期医療につぎ込むのは国民のためであり、政治の責任である。

コメント

はじめまして。CW勉強中の僻地医師です。
昨年後半から明瞭になってきた国策として、
少々下品な言い回しになりますが
「日本人=奴隷、企業(経団連)=支配者」
というものがありそうです。
従って、
医師=労働者=安くこきつかう
材料=企業の製品=しっかりお金をまわす
という関係が強化されるのも当然の流れといえそうです。
当院は貧乏療養病院ですので
材料は代用品を活用して徹底的に削減していますが
限度があります。
おまけに市民からは、医者だから病院だからというだけで
あまり感謝されなくなっていますよね。
これが美しい國の政策かと思うと本当に悲しくなります。
わたしも逃散しようと画策しているところです。
情けないことですけれど…

AKIさん、今日は。ようこそ。

私の専門の小児科では、大きな医療機器や、医療材料を用いることは少ないのですが、先日、米国製の鼻鏡のランプを注文したら、一つ1万円するといわれびっくり仰天しました。普通の単なるランプ・・・。色々なところで、マージンを取っているのでしょうが、政府・官僚が、こうした企業の横暴を許しているということですね。それに対して、医師の技術料があまりに低い。

何とか、医療関係者以外の方に、現状を理解してもらいたいと思って、いろいろ情報を発信しているのですが、大きな動きはどうしようもないのでしょうか。

地域医療の実情もまたお聞かせください。崩壊を経て、再生するまで生き延びられますように、体を大切に仕事をお続けください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/209-e5558b82