FC2ブログ

K2JVB/M再び 

昨日は、午後休診。お昼すぐには帰宅できず、数名の急患を一人で対応し、午後4時頃に帰宅。急いで、夕飯の支度。筍ごはん。夕日が傾く頃、7メガに出てみた。

この所、2,3日余り出ていなかったのだが、大気の不安定さのためか、ノイジーになってきている。私の何時も出るところ前後で、T31Aが北米を指定して、大きなパイルを受けていた。T31Aを呼ぶWが強力。少し下に移動して、CQを出してみた。

何人もの知り合い、初めてお目にかかる方から呼ばれた。Dave K2JVB/Mもその一人。数日前にも会ったのだが、そのときは、信号がかなり弱かった。昨夕は、CONDXが良好で、ピークでS7まで振っている。西海岸を旅行中かと思ったが、オクラホマで、ミズーリに向かっている由。今回の旅行も大旅行で、ニューヨークからフロリダ、さらにケンタッキーを経て、アリゾナ・カリフォルニアへ、カリフォルニアで息子さんを同乗させ、ニューヨークから飛んできた奥様と三人で一週間過ごした由。その後、カリフォルニアに息子さんを送り、現在帰宅の途に就いている。もう、71、72歳になっておられるはず。奥様は、まだ退職なさっていないのだろう。前回、彼を取り上げたポストは、こちら。ネットで彼のサイトを訪れ、旅行で撮った写真、車からの運用の様子を見たことを話した。昨日は、オハイオまで走り、今日にも帰宅される予定とか。

それにしても、100Wにせいぜい3mのホイップでよく飛んでくるものだ。東海岸のベアフットに、ワイアーアンテナ組の方とも交信した。CONDXが本当に良いのだろう。1960年代半ばも、このようなオープニングを自作の機械で経験したことを思い出した。あの当時も、太陽活動が活発だったのだろうか・・・。

Bob W7BVは、膝の人工関節置換手術を受けられ、現在リハ中の由。5週間でリハを終えるようだ。また元気になって、ヨーロッパそれに日本へも研究仲間を訪ねる旅に出かけていただきたいものだ。Bob W6CYXとは1088回目の交信。T31Aと全バンドで交信して楽しめたよ、とのこと。午後10時になって、彼と最初のCWTの交信をした。その後、数局、CWTの交信をしたが、あぁ、もうやってられんとスイッチを切った。CONTESTは、避けるに限る・・・。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2099-5221752d