FC2ブログ

チェルノブイリ原発事故 終わりなき人体汚染 を観て・・・ 

下記のポストで貼ったYoutube画像は、既に記した通り、ブログ「木霊の宿る町」の今年4月24日付けのポストに貼られていたものだ。いつも読ませていただいている、志村建世さんのブログ経由でアクセスしたもの。

この番組は15年前にNHKで放映されたもののようだが、東電福島第一原発事故を経験しつつある今観ると、原発事故のもたらす惨状が生々しく迫ってくる。

チェルノブイリ原発事故と、東電福島第一原発事故とは規模、事故後の対応等で異なり、同一視するべきではないが、以下のような点に注目すべきと感じた。すでに良く知られたこともあるが、現地で取材した迫真性に圧倒される。

〇放射能汚染は、同心円状に広がらない。事故当時の気象条件や、各地域での土壌の性質・生活様式などによって変化する。原発から物理的に離れているといっても、安心できない。

〇事故対応をした作業員の方が、晩期障害としてがん・循環器系疾患だけでなく、中枢神経系の障害による精神神経疾患にも冒される可能性が高くなる。

〇原発から離れた地域に住む人々の放射能汚染は、食物等を介した内部被曝によるものの可能性が大きい。小児・妊婦に障害が生じやすい。

〇小児の甲状腺がんが、被曝開始後4年後から急激に増えているが、(私がこれまで理解していたように、良性のがんではなく)悪性度の高い転移しやすいものと紹介されていた(ただし、これはその後の知見で、変わったのかもしれない)

チェルノブイリ原発事故級の原発事故が、わが国の2,3ヶ所で起きたら、日本という国家が存在しえなくなることが分かる。

原発容認、促進の考えを持つ方に是非観ていただきたい番組だ。

ネットで是非広げたい番組。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2109-fc2f5c45