FC2ブログ

福島県立大野病院産婦人科医師不当逮捕事件初公判 

上記が、今日、福島地裁で開かれたようです。この記事。この事件については、既に拙ブログでも記事をエントリーしてありますし、ネット上で多くの情報が得られます。日本の産科医療を崩壊に向けて大きく歩み始めさせた第一歩の出来事でした。医療関係者以外の方にも、是非関心を抱いて頂けたらと思います。

速報を読んで、歴史的なこの事件の初公判が、こんな内容なのかと脱力するような思いです。癒着胎盤の術前診断は困難であり、胎盤剥離を始めて初めて診断がつく稀な合併症である、癒着胎盤の診断がついた時点で子宮摘出に移行することは不可能だ、といったことは、産婦人科の専門医が口をそろえて言っていることです。検察は、それをことごとく否定しています。検察は、各地の産婦人科医会・日本産婦人科学会(両者が、共に今回の逮捕・起訴に抗議しています)を相手に、こうした医学論議を続ける積りなのでしょうか。検察には、物事を適切に判断する知性をもつ人間がいないのでしょうか。検察は、つまらぬ意地を張っているだけなのでしょうか。それとも、他の権力の意向を受けて、こうした公判を維持しようとしているのでしょうか。

繰り返しになりますが、逮捕起訴された加藤医師一人の問題ではありません。急性期医療、いや医療全体が、警察・法曹により崩壊に後ろから押された出来事なのです。この背後には、これからの医療崩壊を、医師の責任に全て帰し、医療裁判で解決しようとする、国の意向があるように思えます。

医師は、急性期医療から手を引き、地域医療で踏ん張ることをやめれば、それで医療崩壊をやり過ごせます。その方が、今よりも待遇が良くなる可能性が高く、喜ばしいという意見もあるほどです。

最終的に、この医療の崩壊で一番の痛みに見舞われるのは、高齢者・病人という社会的な弱者です。国民が、医療の崩壊に関心を持たなければ、その事態は確実にやってきます。

なお、「紫の顔色の友達を助けたい」というハンドルの医師がこれから記す予定という裁判傍聴の報告記が、医学的にも信頼のおけるものになると思いますので、御紹介いたします。

コメント

こんばんは。いつもお世話になっています。
私も、最近の医療過誤と題する報道に首をかしげる一人です。2年前、娘の出産に立ち会い、時期を同じくして大切な父を癌で亡くしましたが、これらは現場の最前線で懸命に努力する医師の姿を知る貴重な経験となりました。その影響なのか、報道記事の内容には、何か現実を無視したような薄っぺらさを感じます。塾講師という仕事柄、読んでもいない本の読書感想文を適当にでっち上げて、自慢気に持参するた小学生たちを連想してしまいます。記者にも検察官にも、消えていこうとする命の灯火を、医師たちがどれほど懸命に守り続けているのか、その過酷な現場をよく見ていただきたいものです。一重丸くらいはあげられる記事が書けるようになると思うのですが。

K君、ようこそ。無線へのカムバックもされたようで、嬉しい限りです。この事件、NHKが、検察の言葉をそのまま報道していました。マスコミは、物事の真実に迫ろうとする努力を全くしない様子に思えます。ネットを用いて、いろいろと情報を発信してゆけたらと思います。また、無線とアイボールでもお会いしましょうね。お仕事も頑張ってください。時々は、この拙いブログ、覗いてみてください。

某BBSにアップされた、ある医師の発言・・・私も、同じ気持ちでいます。この社会は、果たして、法治国家なのでしょうか。官僚・法曹の恣意が支配するのでしょうか。検察が告訴すると、有罪率は99%だそうです。民主主義国家で、有罪率がこれほど高い国はないそうです。これは、決して検察の優秀さを示していない。検察が、支配する国家であることを意味しています。それを変えなくてはなりません。道理の通る社会にしなくてはなりません。

以下引用~~~

何としてでも大野病院の加藤医師を有罪にしようとあなた方を駆り立てているものが何かを知りたくてメールしました。全国のほとんどの産婦人科医が、「加藤医師は限られ た環境の中で最善を尽くした」といっている状況の中で、まるで耳を貸す様子もなく、とにかく有罪にしようとしているその根拠は何ですか。患者家族への同情、いったん告訴し たら何が何でも有罪にしないと警察、検察のプライドや信用に傷がつくから、それとも政治的思惑ですか。私たち医者の仲間内ではあまりに異常と思われるあなた方の行動に対し あらゆる憶測が飛び交っています。

一番不可解なのは、少なくとも医療に対しては非専門家集団であるあなた方の判断のほうが我々専門家の判断よりも正しいという、傲慢とも思える思想の根拠がどこにあるのかと いうことです。確かに我々医者は医療訴訟に際し仲間を守ろうとする傾向があります。それは、マスコミ等では決して語られることがない現場の過酷さを皆経験し知っているから です。しかしながら明らかに医療側に責任があると思われる場合は必ず意見が割れます。

今回のように全国ほとんどの医師、産婦人科のみならず他科の医者までもが今回の立件は明らかにおかしいと言っています。医療上のトラブルを刑事事件として扱うことの危うさ から他の先進国では民事として処理することが通例となっています。この事実を皆さんはどのように解釈しておられるのか。

あなた方を強気にさせているひとつに要因はおそらく世論でしょう。マスコミの影響を簡単に受けて形成される危ない日本の世論です。医者を叩いても世論は喜びこそすれ、決し て皆さんを責めることは無いであろう事を皆さんは十分に認識されているものと思います。

無駄なことだと思いつつもこのようなお便りをさせて頂いたのは、今回の件に対して尋常ではない不安、疑問そしてやり場の無い怒りを感じ、とても黙ってはいられなくなったか らです。

普段から我々医師は、「ヒヤリハット」の世界で生きています。正しく診断し、教科書通りに治療しても結果が悪い場合も多々あります。後から考えるとそのときのひらめきや偶 然によって助けられ、むしろ常識があてはまらなかったケースもあります。またすべて上手くいったと思っても不安から開放されることはありません。高齢者の入院が多い昨今で は、我々の予想に反して急変するケースも少なくありませんので気が休まることはありません。今回の件はそんな我々に、「どんなに頑張っても患者が死に、家族が不審、不満に 思ったら罪である」と言っているようなものです。あなた方に置き換えれば、真犯人を検挙できなければ警察は有罪、送検された真犯人を有罪に出来なければ検察は有罪といった ところでしょうか。あなた方はこれを受け入れられますか。

加藤医師は故意に患者を死に至らしめたのでしょうか。もしも彼が自院での処置が困難だと判断して他院へ転院させていたならば、患者の命は助かったのでしょうか。業務上過失 致死とはいったいなんですか。トラック運転手が芸能人のご子息を轢殺したケースと同等ということでしょうか。また、異常死体届出義務違反とはどういうことでしょうか。検死 の際に異常死体として届け出ることをあれほど嫌がり、病死としての処理を我々医者に迫ってくるあなた方を我々はよく知っています。そんな皆さんが異常死体届出義務違反で医 者を追及するとはどういうことでしょうか。

今の福島県の警察、検察の皆さんの様子を見ていると、何か宗教的な、狂信的な怨念を感じます。何が何でも有罪にしてやろうと。あなた方の中の正義は何ですか。

今日の医療事故の多くが刑事事件として扱われる背景には、医療に対する司法の世間並みの無知に起因している気がします。あくまで良心的に解釈した場合です。

仮に加藤医師が有罪になった場合に我々医療人にあたえる影響、落胆の気持ちは計り知れません。奉仕の気持ちに支えられてきた士気は必ず低下します。いえ、何より心配なのは 、彼が有罪になればこれは明らかに冤罪だということです。さらに危惧するならば、後に冤罪が判明した場合でも、あらゆる特権に守られた司法公務員の皆さんは責任の所在がわ からないままうやむやに処理されてしまう可能性が高いということです。今日世間を騒がせている裏金問題のように。そういえば、タクシー運転手に暴行を働いたとされる巡査部 長はどうなりましたか。これはちょっとした皮肉です。

変な意地を捨ててもう少し素直に、冷静になるべきではないですか。私には、あなた方の今の行動自体が犯罪に思えてなりません。

検察・弁護側冒頭陳述要旨

県立大野病院事件
2007年01月27日

-検察側の冒頭陳述(要旨)-

被告は検査の結果、被害者の胎盤は子宮口を覆う全前置胎盤で子宮の前壁から後壁にかけて付着し、第1子出産時の帝王切開のきず跡に及んでいるため癒着の可能性が高いと診断 した。無理にはがすと大量出血のリスクがあることは所持する専門書に記載してある。

県立大野病院は、高度の医療を提供できる医療機関の指定を受けておらず、輸血の確保も物理的に難しいため、過去に受診した前置胎盤患者は設備の充実した他病院に転院させて きた。

だが、被告は、助産師が「手術は大野病院でしない方がいいのでは」と助言したが、聞き入れなかった。助産師は他の産婦人科医の応援も打診したが、「問題が起きれば双葉厚生 病院の医師に来てもらう」と答えた。先輩医師に大量出血した前置胎盤のケースを聴かされ、応援医師の派遣を打診されたが断った。

被告は麻酔科医に「帝王切開の傷跡に胎盤がかかっているため胎盤が深く食い込んでいるようなら子宮を全摘する」と説明。被害者と夫には子宮摘出の同意を得た。「何かあった ら双葉厚生病院の先生を呼ぶ」と説明。この医師には手術当日に電話で「帝王切開の傷に胎盤の一部がかかっている可能性があるので異常があれば午後3時ごろ連絡がいく」と話 した。

被告は手術中、胎盤がとれないため、子宮内壁と胎盤の間に右手指3本を差し入れて剥離(はくり)を始めたが、途中から指が1本も入らなくなった。このため「指より細いクー パーならすき間に差し込むことができるのでは」などと安易に考え、追加血液の要請をしないまま、クーパーを使用した。

約10分で剥離し終えたが、使用開始から子宮の広範囲でわき出るような出血が始まり、2千ミリリットルだった総出血量は剥離後15分後には7675ミリリットルに。完全に 止血できず、子宮摘出を決意したが、血液が足りず血液製剤の到着を待った。その後約1時間で総出血量は1万2085ミリリットルに達した。

心配した院長が双葉厚生病院の産婦人科医や大野病院の他の外科医の応援を打診したが、被告は断った。被害者が失血死した後、被告は、顔を合わせた院長に「やっちゃった」、 助産師には「最悪」などと述べた。

被告は胎盤剥離でクーパーを使った例を聴いたことがなく、使用は不適切ではと感じたが、「ミスはなかった」と院長に報告し、届け出もしなかった。病理鑑定では、被害者の胎 盤は、絨毛(じゅうもう)が子宮筋層まで食い込んだ重度の癒着胎盤。クーパー使用の結果、肉眼でわかる凹凸が生じ、断片にはちぎれたような跡ができていた。

-弁護士側の冒頭陳述(要旨)-

本件は薬の種類を間違えたり、医療器具を胎内に残したりといった明白な医療過誤事件と異なる。臨床現場の医師が現場の状況に即して判断して最良と信じる処置を行うしかない のであり、結果から是非を判断はできない。

検察側の証拠は、(1)胎盤の癒着や程度が争点なのに「胎盤病理」や「周産期医療」の専門家ではなく「一般病理」や「婦人科腫瘍(しゅよう)」の専門家の供述や鑑定に基づ いている(2)困難な疾患をもつ患者への施術の是非が問題なのに、専門家の鑑定書や解明に不可欠な弁護側証拠を「不同意」としている(3)検察官調書の一部から被告人に有 利な記載部分を削除して証拠請求している――など、問題が多い。

被告人は過去に1200件の出産を扱い、うち200件が帝王切開。04年7月には全前置胎盤の帝王切開手術も無事終えている。

本件は、超音波診断などで子宮の後壁に付着した全前置胎盤と診断。患者が「もう1人子供が欲しい」と答えたため、被告は子宮温存を希望していると理解しカルテに記入した。 前回の帝王切開の傷跡に胎盤がかかっていたら癒着の可能性が高まるため、慎重に検査した結果、子宮の後壁付着がメーンと考えた。

被告は子宮マッサージをしながら、手で、三本の指を使い分けつつ胎盤剥離を進めた。半分程度はがした時点ではがれにくくなった。剥離面からにじみ出るような出血が続いてい たが、剥離すれば通常、子宮が収縮し、子宮の血管も縮んで止血されるため、胎盤剥離を優先した。

子宮の母体の動脈と胎盤内の血管とは直接つながっていないため、胎盤をはいでも母体の血管は傷つかない。むしろ胎盤を早く取り去ることを重視し、先の丸いクーパーを使用し た。

子宮は血流が豊富で、前置胎盤だとさらに下膨れしている。このため胎盤を剥離せず子宮動脈を止血するのは大変困難で、クーパーの使用は妥当な医療行為だ。

剥離後、子宮収縮剤を打っても収縮しなかったため、あらゆる方法で止血措置を行い、血圧の安定と血液の到着を待って子宮摘出した。無事、摘出し、安心した時点で突然、心室 細動がおき、蘇生術をしたが亡くなったもので、胎盤剥離の継続と死亡とは因果関係を認めがたい。

医師法21条はそもそも黙秘権の放棄を医師に迫るもので違憲。大野病院のマニュアルでは、院長に届け出義務を課しており、医師は院長の判断に従ったのみだ。

なお病理鑑定では、癒着の程度は最も深い部分でも子宮筋層の5分の1程度と浅い癒着だった。

大野病院初公判傍聴記 出ました。

速報 大野病院初公判傍聴記
http://kazu-dai.cocolog-nifty.com/blog/

初公判の、現在一番詳しい記録のようです。

  • [2007/01/29 20:40]
  • URL |
  • 崩壊を眺めるもの
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/214-ae9a2316