FC2ブログ

ヤクザのピンハネにも似た・・・ 

アマチュア無線局の免許制度は、いかにも官僚的だ。

アマチュア無線で市販の無線機を使う場合、TSSという株式会社がその無線機が法令に合致していることを保証認定をする。開局には4800円、それ以外では3000円の認定料を要求される。TSSという会社も当然のことながら、官僚の天下り先なのだろう。

実際に当該無線機を検査も何もせずに、書面上で「形式的に」保証認定するというばかばかしさ・・・。これは、言葉が悪いが、ヤクザがみかじめ料を、市民から巻き上げるのにそっくりである。本当に性能を保証するのであれば、一台一台検査をすべきなのだ(・・・これは本心ではない・・・本来は、多くの外国で行われている通り、アマチュア無線家に、自らの機械に責任を持たせるべきで、TSSのやっている形式的な保証などすぐにでもやめるべきなのだ)。

特別に免許された無線局を、全国に持ち回りで運用することがある。それを行うときには、免許された無線機を、わざわざ郵送して、同じ無線機で運用することになっている。TSSは、書類上の手続きなのだが、アマチュア無線家には、厳密に同一無線機を使うことが求められる。このアンバランスさ、行政のいい加減さには、苦笑を禁じ得ない。

この類のピンハネ的行政は、いたるところで行われている。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2201-be30fc30