FC2ブログ

NICUの調査をするらしいが・・・ 

厚生労働省が、NICU新生児集中治療室の状況を調べるそうだ。施設の調査らしい。

何故、NICUで働く医師・看護婦の就労状況を調べないのか。NICUは、私が大学で仕事をしていた頃から、人手不足だった。元々経営的には成り立たない部門であるためもあってか、医師の数が特に足りなかった。仕事は、過酷を極めた。未熟児がどんどん運ばれ、それの対応で日中はかかりきり、夜も何時運び込まれるか分からず、夜間は経皮酸素モニターの張替えで3時間おきに起され、その次の日も同じ仕事が続く。未熟児は、刻々と容態が変化するので、気が抜けない。

そうした日々をずっと過ごすのだ。それが仕事と言わればそうかもしれない。しかし、それはまともな人間のする仕事ではない。一種の奴隷状態だ。大事な赤ちゃんをNICUに預ける親御さんに伺いたい、このような疲弊しきったNICU医師に、お子さんを託したいのか、と。良く考えていただきたい。

NICUの施設の調査をするなら、何故スタッフの労働条件も調べないのだろうか。官僚は、何時まで、医師の献身的な労働でようやく成り立っている医療の内容に目を閉ざし続けるのだろうか。

こうした患者さんの容態が剣が峰の状態であり続けるような医療現場からは、徐々に人がいなくなることだろう。産科も、救急もやがて、その仕事を担う人材がいなくなることだろう。

厚生労働省は、NICUの施設の調査をする前に、そこで働く人間の労働条件の調査をするべきだ。官僚は、NICUが足りないという結論を出し、また箱物を作るつもりか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/221-86c69761