FC2ブログ

児玉教授の見解を是非国民に伝えたい 

7月30日付で、このブログに取り上げた、児玉東大教授の国会での参考人意見は、とても大切な内容だと思う。マスコミにはあまり取り上げられていない。ネットでは大きく取り上げられているようだが、それでも国民の一部にしか伝わらないだろう。ぜひネットを介して、または直接、彼の発言内容を、伝えてもらいたい。

彼の発言を逐語的に書き下ろしたサイトは、こちら

注目すべき点を改めて箇条書きで挙げると・・・

高い放射線量のものが少量あるということに対応した法律体系はあるが、低い線量のものが膨大にあるという、それをどう除染していくかということに関する法律がほとんどない。今も汚泥問題、その他すべての問は、これまでの放射能汚染関連法規では解決しない。

東電福島原発の放射性物質の量は、広島原爆に比べて、熱量で30倍弱、さらにウラン相当量比較で20倍多い。

1年後、放射能量は、広島原爆では1/1000程度になるのに、原発では1/10程度にしかならない(なかなか減らない)。

除染を行う必要がある。阿賀野川のカドミニウム汚染との比較で言うと、コストは、おそらく8000億円の数百倍から数千倍かかるだろう。

内部被曝の引き起こす一番の問題は発がんだ。被曝と発がんの因果関係を「疫学的に証明する」には、20年、30年かかってしまう。チェルノブイリの経験から、高汚染地域で、セシウムが尿管膀胱上皮に集積し、発がんを生じることが判明している。

汚染地域の放射能測定と除染を、早急に行う必要がある。子供たちや妊婦へ悪影響を与えぬために、地方自治体・国レベルで、これを行ってもらいたい。

最後の彼の言葉・・・「7万人の方が家を失い彷徨っているのに、国会は一体何をしているのか!」

追伸;Youtubeの当該画像が、削除されている。法律に違反して放射性物質の汚染土を東京に運んでいるという下りのためか・・・それにしても、正論がネット上からも削除されるとは、いやな世の中だ。この削除に対して、強く抗議したい。

追伸2;別なところでアップされていた。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ネットにアップされれば

 動画などどんなに消しても必ず湧いてきます(笑)
 いやー、児玉先生本物のプロですね。こういう方が意見を述べる立場でなく、実務を取り仕切ってくだされば原発災害など起きないのでしょうが、、、、

Yさん

この児玉教授の参考人陳述の件、私は仲介しているだけですので、私のブログの紹介等は無用です。マスコミにほぼ無視されている、児玉教授の発言を広げてくださるとうれしいです。

私は、山登りはしないのですが、でも信州は魅力的な土地ですね。

元外科医さん

そうでしたね・・・それがネットの効用ですね。

この委員会では、京大の今中先生も発言されたようで、児玉教授を招いたこともあわせて、国会に、こうした方々の意見に耳を傾けようという議員がいることで少し救われる気もします。でも、多勢では決してないのでしょう。その証拠に、マスコミは、児玉教授の発言をほとんど無視していますからね。

ネットを通じて、彼の発言を広めること、国民世論を動かすことが必要のように思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2225-941c2a01