FC2ブログ

フォーレ ピアノトリオ初練習  

3月14日に予定していて、震災のために中止した、フォーレピアノトリオの練習を、昨日行った。予定から5か月遅れての初練習だった。

フォーレの室内楽は、譜面を一見したところ易しそうでいて、弾いてみると、ところがどっこいというものが多い。このピアノトリオも、どうなることやらと心配していた。苦手な三拍子系であるし・・・。久しぶりにお目にかかるピアニスト・バイオリニストのお二人は元気そう。早速、1楽章に取り掛かる。

フォーレのピアノの入る室内楽の常で、ピアノのトレモロに乗って、弦・・・この曲では、チェロが歌い始める。ピアノのトレモロが繊細で美しい。私のチェロは、どうだったろう・・・息の長い旋律、この楽章全体を支配する動機やフレーズが、凝縮された旋律を歌う。

その旋律をバイオリンが受け継ぎ、綿々と歌い継いでゆく。この楽章は厳格なソナタ形式をとっていないようだが、第二主題に相当する、可憐な旋律を弦がユニゾンで歌う。フレーズの変わるところのアウフタクトがイマイチ合わない。

その後、ピアノが低音域で主題を歌うところで、弦はシンコぺの複雑な動きをする。ここも鬼門だ。その後、主題の動機を組み合わせた、甘く憧憬の気分に満ちた旋律が各楽器に受け継がれる。バイオリンのTさんが、とろけそうな歌を紡ぐ。

冒頭主題の動機が、各楽器に受け継がれて、バイオリンがダブルストップの和声的な動きをするなか、主題が、チェロと、ピアノの低音部にフォルテッシモで再現する。

その後、主題の一部と、主題を変形した動機を各楽器が受け継ぎ、さらにユニゾンで歌い、コーダに進む。弦は、オクターブのユニゾンだが、チェロにとっては、音がとびキツイ・・・でも、色彩豊かなフォーレ的な和声が畳み掛けるように鳴り響くなかフォルテで終わる。

・・・と、素人の音楽分析は、どうでもよいのだが、学生時代から愛して止まなかった、この音楽の中に浸れること、そしてその音楽を作り出す作業に加われたことは、表しようがないほど嬉しいことだった。お二方も、とても「乗って」弾いているのが分かる。震災以来、またアンサンブルができるかどうか、不安に思うこともあったが、練習を続けながらじっと待っていた甲斐があった。

フォーレの最晩年のこの作品を、聴き、スコアを眺め、さらに演奏してみて、余分なもの、本質的でないものをそぎ落とした、フォーレの真髄に触れる思いがする。虚飾、表面的な効果を狙ったもの、聴く者に媚びるようなもの等が一切ない。

このところ、エリック シブリンというジャーナリストの書いた『「無伴奏チェロ組曲」を求めて バッハ、カザルス、そして現代』という本を読み進めている。バッハの無伴奏チェロ組曲に魅入られた著者が、バッハの生涯、カザルスの音楽と政治の人生、それに著者自身の無伴奏チェロ組曲体験という、三つの糸を紡いでゆく構成になっている。無伴奏チェロ組曲の各々の曲に当てはめて、物語が進行してゆくのだ。

膨大な資料を用い、現地調査を行いそれにインタビューを交えての念入りな著作なので、それにも感心させられるが、音楽を生業としない人間の素直な感性で音楽に迫っているところに強い共感を覚える。無伴奏チェロ組曲二番の作曲が、バッハが最初の妻を亡くしたことに重ね合わせる見方等、学問的には証明されていないことなのかもしれないが、著者の音楽の読み込み方に素直に感動させられる。

バッハの晩年についての記述にまでたどり着いた。バッハは、ライプチッヒでのカントールとしての生活に疲れ、よりより条件の仕事場を求めて就職活動を続けるのだが、思わしい結果は得られない。就職のための活動には、目を向けず、遺すべき自分の音楽に正面から向かうようになる。その結果として、「音楽の捧げもの」や「フーガの技法」といった、世俗から離れたバッハの音楽の集大成が生み出されてゆく・・・。

世俗のことにこだわることがなくなったバッハの音楽は、マクロ的には音楽を通して世界創生を語る音楽、ないしミクロ的には、我々のこころの襞の奥深くまでしみいるような音楽になる。ここでも、余分なものを一切排除した音楽が響く。

老年を迎えることは、できれば避けたい、目をつむりたいという気持ちになりがちだ。でも、この世のものから距離を置き、一切の虚飾と、見かけだけのものから自由になれることは、大いなる恵みなのではないだろうか・・・フォーレの響きのなかに身を置きながら、そのような思いが浮かんできた。バッハも、フォーレも老いを迎え、このように生きた、お前も恐れることなく、老いを生きろと言われているかのように・・・。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2239-a32a160c