FC2ブログ

WA5IEX 

真冬の7メガは、夜の7,8時頃には、近場は殆どスキップし、北米さえも聞こえなくなることが多いのだが、土曜日からは、その時間帯にも、北米の南西部も聞こえるようになってきた。春の到来か。

Roland WA5IEX テキサスのWacoという町に住む、58歳のOMとしばらくぶりに交信した。10数年前、Wacoで、オカルト宗教団体が、篭城して、警官隊と銃撃戦になったというニュースを聞いた直後に交信して、その話題について話した記憶がある。

彼は、15歳から放送局で仕事を始め、今も続けているらしい。13歳で無線を開始したようだ。そろそろリタイアするのではないかと尋ねると、仕事が楽しいし、収入が多くないので、まだ10年間位は仕事を続けたいということだった。

リグは、ドレークの2B(な、懐かしい)、送信にはIC720を使っているようだ。その他、FT101EさらにはハリクラフターのSX111、ハマーランドのHQ170、軍用機だったBC342等があるらしい。まさに、博物館のようなシャックなのだろう。アンテナは、10mのバーチカル。ラジアルを64本設置してあるそうだ。結構強力だ。

コンテストも好きで良く出ているらしい。私は、コンテストはビッグステーションしか勝てないし、興味を失ったと申し上げた。彼も、勿論この設備では優勝するなど望めないし、年齢から全部の時間出る体力もない、奥様が週末をコンテストで全部潰すのは好まないといったことから、ちょこちょこと出るだけにしている、とのことだった。

交信中、奥様が、コーヒーをシャックに運んできてくれて、朝ごはんだとのこと。私が奥様によろしくと打つと、聴いていた奥様からもよろしくと伝えて欲しいとのことだった。病院の事務で働く奥様は、この2,3年でリタイアをする予定だそうだ。CWを覚えている最中とのことだった。3人のお嬢さんも独立しているらしいので、これから無線を共通の趣味にして、楽しく過ごされることだろう。

私と同じ年代、内容は異なるが、同じように人生を歩んできた、典型的なアメリカのハムのお一人だった。またお会いしたいもの。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/224-195e7b45