FC2ブログ

N3JT 再び 

このところ、7メガが静かになり、14メガも夜遅くまで北米に開けている。両バンドを行ったり来たりして、夜長を過ごすことが多い。

昨夜、8時半頃、14メガでJim N3JTに呼ばれた。S7程度だが、問題なし。彼はベアフットの様子。まずは、過日のワシントンDC周辺に生じた地震について尋ねた。マグニチュード5.8だったか・・・地震の少ない地域だったために、大きな騒ぎだったらしい。被害はなしとのこと。でも、最近、東海岸、特に北東部を襲ったハリケーンが大きな被害をもたらしたと教えてくれた。

地震では、ヴァーモントの原発が停止したそうで、原発の耐震性能に問題があると言われているようだがと尋ねた。いや、あの停止は、川からの取水口に瓦礫が溜ったためだと報道されていると、Jimは答えた。でも、政府・行政・それに官僚たちが、原発について言うことは信用ならないからね、と私。

一昨日は、近所のJohn N3AMと連れ立って、60Km超の距離を自転車で走ったとのこと。Jimは、過去30年間毎朝1.6Kmの水泳も欠かさない。自転車行の行き先には、ハンバーグが半値で食べられるレストランがあるので、数ドル稼ぐためにこの距離を走ったのさ、とJimは笑っていた。

私が引退することを決めたことを言った。すると、彼の家のゲストルームはいつでも私のために空けてあるからと言ってくれた。ノートにそれを書き留めておくと、お礼とともに申し上げた。これ以外にも家族のこと、仕事のこと等々、話は延々と1時間近く続いた。

彼とは、この30年間ほどの付き合いになるが、おもしろいことが大好きで、話好き。冗談のトピックの載ったサイトを知らせて来たりする。CWopsを立ち上げると聞いたときにも、冗談かと思って、最初は取り合わなかった。でも、CWopsは、この2年間で大きなクラブに成長した。Jimは、事務局長に就任。当初彼から依頼された理事職も、今年が改選時期らしい。会長のPete W1RMと、Jimから改選であることと、引き続き理事を続けるようにとメールで言ってよこした。理事と言っても、名ばかりだし、活動らしいことをしていないので、辞退しようかと思ったが、是非にということだったので、もう一期続けることにした。それを二人に書き送ると、Peteからは外交辞令が返ってきたが、Jimからは、理事に値するようなことはしていなという私の言葉に、「いいや、仕事をきちんとしてくれている、何となれば、我々の決定に否を言うことがないから・・・」と、本音とも冗談ともつかぬことを言ってきた。これからは、噛みつくべきところには噛みつくことにせねばなるまい・・・。

彼は、このところ思うところがあり、キーボードを使わず、パドルとキーヤーで運用しているとのことだった。平均レベルのオペに比べれば、とても上手なのだが、往年のJimのカミソリのような切れ味のキーイングは、少し影を潜めてしまったようだ・・・自分のことは棚に上げて、率直な感想。やはり加齢現象なのか、それとも使っていなかったための退歩なのか・・・。パドルの微細なコントロールは、運動として脳を活性化させるはずだから、パドルで老化を防ごうと申し上げた。最後には、彼は、キーボードに戻った。すると、いかにも雄弁になること。30年前を思い起こさせてくれた。

NA_CW_DINNER-23.jpg

左側がJim。右はSig N3RSだったか・・。今年のCWマンの北米での集いで。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2261-7a50812a