FC2ブログ

福島県立大野病院加藤医師不当逮捕起訴事件 

上記事件初公判後、福島地検の検事が記者会見し、以下のように語った。

引用開始~~~

福島地検の片岡康夫(かたおか・やすお)次席検事も同日夜「医療に携わる方々が困難な症例に日々向き合っていることは十分承知している。被告は基本的な注意義務に違反しており、一般の医師なら大量出血を予見、回避できた」と話した。

引用終り~~~

ここで片岡次席検事のいう「一般の医師」とは、一体誰のことなのだろう?日本産婦人科学界、各地の医師会・産婦人科医会それに日本医学会まで、この逮捕起訴には抗議しているのだ。日本医学会声明文。他の医師・医学団体の抗議声明一覧

今回の裁判の一番の争点は、癒着胎盤を予見し、それが分かった時点で、子宮摘出に踏み切るべきだったのに、加藤医師がそうしなかったという点の是非だ。胎盤癒着は術前に予見することは殆ど不可能、胎盤の剥離を始めた時点で診断のつくことが多い、その時点では、大量出血が始まっており、まず胎盤の剥離を進めることが先決だ、というのが加藤医師側の主張であり、それを専門家は支持する。

高度に医学的な問題であるのに、検察は、専門家による鑑定もせずに、起訴に持ち込んで、公判を維持しようとしている。一般の医師とは一体誰のことなのか。検察は、自らの描いた荒唐無稽なシナリオで、地域医療を担っていた有為の医師の生命を奪おうとしている。

コメント

ホントです

全くおっしゃるとおりです。
子供が、「みんな持ってるから、このおもちゃ買って」って言って、駄々をこねてるのと同じレベルです。
みんなって一体誰?
きちんと証明して下さい、って感じですね。

検察が、こんな言い方をすることや、助産師の「助言」を持ち出してくるところなど、彼らには決定的な事実・証拠がないと、自ら語っているようなものだと思います。加藤先生が、勝つことは確信できますが、それまでの時間が、彼にとってどれほどの負担であることかと思います。遺族の方も望んでおられた、真実の解明、それに同じことを繰り返さぬ解決を期待したいと思っています・・・今の検察には望めないことなのかもしれませんが。むなしい裁判だった、ということにならぬように願いたいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/227-641d7f8d