FC2ブログ

Gary W5ZL 

Gary W5ZLは、テキサスに住む明るく、快活な男だ。いかにも米国人らしく、善良で開放的な考えの持ち主。

彼と知り合ったのは、まだ2,3年前のことだ。ヨーヨーマの弾くチェロが良いからぜひ聞けと言って、CDを送ってくれそうになったことがあったが、丁重にお断りしたこともあった。

その彼が大腸がん、それも進行した病期のそれに冒されていることが分かったのが、今年の冬だったか。無線でその一報を聞いた時には、それまでの元気さから信じがたかった。5月に手術を受けたが、根治的な手術にはならず、複数の転移巣を抱えて、その後化学療法を受け続けている。その闘病の様子をつづったブログが、こちら。つとめて明るく、ポジティブにふるまう彼の様子が読み取れる。彼のブログを訪れ、ゲストブックに一言書き記してくださると、彼も元気づけられることだろう。

下記は、手術の翌日、奥様のLeslieと顔を合わせるGaryである。お二人の信頼と愛情が、この写真からひしひしと伝わってくる。(画像の使用許可を得てある)

W5ZL.jpg

良くなって、来年7月にはシアトルで会おう、それに何時かは日本も訪れてみたいと言っておられる。ぜひ実現するように、闘病を続けて頂きたいものだ。でも、病と闘うよりも、病と寄り添うという生き方の方が良いのかもしれない・・・。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2280-1589f99b