FC2ブログ

児玉龍彦教授 日本記者クラブでの記者会見 

児玉龍彦教授の日本記者クラブでの「記者会見」。福島県の原発事故被災者を貶める新聞報道に強い怒りを表明している。行政のパターナリズムではなく、事故に苦しむ人々の立場にたって、科学的な知見を分かりやすく伝え、彼らが自らの判断を下せるように支援しようという態度に感銘を覚える。

SPEEDIの放射能被曝予想が、事故直後に公表されなかった責任は、どこにあるのだろうか。原子力委員会にその責任があったとしたら、同委員会等中央行政と一心同体の識者達は、原発行政と、原発事故からの復興にはもはや関与すべきではない。除染も、中央の行政が統括するのではなく、住民と地域の行政が関与すべきなのだろう。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2345-a772e044