FC2ブログ

最近の交信でうれしかったこと 

最近の交信でうれしかったこと

1 ブラウニングの詩

Mike W7LPVと先週話した時のこと、週末、17日が72歳の誕生日だとのことで、歳を取ったものだ、と彼が呟いた。歳をとることの負の側面が、彼の面前に大きく立ち現われているのかと思い、Robert Browningの詩、Grow Oldを紹介した。私の先輩というべきか友人というべきか、東大の教授をなさっていたW氏が、若年性アルツハイマーにかかり、退職され、それを公表されたときに、あいさつ文の最後に引用されていた詩である。その経緯もMikeに話した。Mikeはとても関心を持ってくれて、調べて読んでみたいと答えてくれた。もっとも、彼は加齢の陰の部分に圧倒されていることはなく、72というのは唯数字に過ぎないと思うとのことだった。来年も元気にピアノの練習にますます傾倒していってもらいたいものだ。

2 腐った卵ではなく、花束を

昨夜、7メガが、ふわっと北米の東北部に開けた。Pete W1RMが呼んでくれた。私が来年の夏シアトルに出かける予定にしていることを聞き、東海岸まで足を延ばさないかと再び誘ってくださった。CWopsの会長をなさっているPeteは、私がCWopsを辞めると知らせたときにも、CWopsを私が辞しても、彼の家を私のために空けておくという約束は生き続けると返事を下さったのだ。CWopsへのかなり批判的な見解を述べたのに、である。来年は東海岸に足を延ばすことは無理かもしれないが、近い将来、皆と私があまりに年取らぬうちに訪れたい、Wash DCのミーティングにひょこっと、私が現れても、腐った卵を投げつけたりしないかと尋ねると、いや、そんなことは決してしない、花束を投げようと仰って下さった。クラブを辞しても、友人であり続けるという彼の度量の広さに感動・・・。

3 新たなアイドル

W4KLY Rayと今朝21メガで交信した。彼は72歳。お互い歳だねと言われて、少し複雑な気持ちだったが(苦笑)、確かに、交信時に自己紹介の一環として、年齢を紹介すると、相手の年齢が自分よりも若いことが段々と多くなってきた。無線交信で、相手への関心を抱くこと、細かな手の運動であるパドル送信の訓練を続けることが、脳を活性化し、我々の若さを保ってくれるだろうことをお話しした。彼も納得してくれて、最近、92歳だが、かくしゃくとしているハムと交信し、彼がRayにとって新しいアイドルになったと仰っていた。前を向いて進んでゆきたいものである。 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2420-e820ea68