FC2ブログ

Oblivion 

今日は、仕事場で自分の患者を数名診た後、近くの町の救急診療所のお手伝い。5時間で40名以上は診ただろうか。インフルエンザA、Bの競演。インフルエンザの検査をしてほしいという患者が多くて困った。検査には、行うべき時期があるし、万能でもない。臨床状態や、周囲の状態を診て、医師が行うべきかどうか決めるべきもの。でも、患者周囲も、家族も、検査をしろの一点張り。検査をした上に、抗インフルエンザ薬を用いていたら、医療費は一体どうなるのだろうか。そんな話を、最初は患者の親御さんに話しつつ診療していたが、その内、疲れてきて、機械的に検査をし、抗インフルエンザ薬を出すようになってしまった。救急診療所には、検査試薬が山ほど置いてあった。

その仕事を終えて、再び自分の仕事場へ。急患を二人診て、自分の部屋に落ち着いたところだ。別なブログには紹介済みだが、ソルガベッタの弾く、Oblivionを貼っておく。ピアノトリオ版は以前にもこちらで紹介したが、とてもこころに残る曲だ。ピアソラの生きた時代を反映しているのか、それともピアソラにうつ病圏の心理があったのか、鬱々とする旋律が全体を流れる。ガベッタは、最初から決然として、短調の旋律を歌い上げる。途中、長調でその鬱とした気分に抗うような旋律が出て、ガベッタは、さらに高調させて演奏するが、再び、暗い憂愁の思いの旋律に戻って行く。そこで、ガベッタは、ほんのわずかに感傷を見せるが、再び情熱的に憂愁の歌を歌い上げ、最後はテクニカルな装飾音で終える、といった演奏。

暗く鬱々とする旋律だが、癒しを感じる。「忘却」というタイトルもよし。

あの野戦病院のような、医師患者関係の希薄な仕事など忘れてしまえという天の声か。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2488-be580ca2