旧社会保険庁の役人達の行状 

旧社会保険庁は、年金のずさんな扱いが元で、廃止された。そこで働いていた役人650名が、厚生年金基金に天下ったと報道されている。で、そこで厚生年金基金、一部は厚生年金本体の運用を行っているらしい。大多数は、そうした基金・年金の運用の経験がないまま、単独で運用していた様子。滅茶苦茶だ。

ずさんだった年金運用の責任もとらずに、再び年金関係の組織に天下りし、そこで厚生年金基金・厚生年金の運用をする。これでは、何も変わっていないではないか。今回明らかになったAIJの件では、こうした杜撰な運用によって、大きな損金が生じたという。年金受給者の受給額が減らされるのは避けられまい。さらに、うさん臭い投資会社のコンサルタントとなり、コンサルタント料を取っていた者がいた、という。年金を私物化したも同然だ。こうした天下りによる弊害の全容を明らかにすべきだ。

旧社会保険庁の役人が移動した先として、地方厚生局が知られている。この役所の仕事の一つが、医療機関を指導することだ。指導といっても、医療・医学面で医療機関を指導するのではない。彼らが通達等で作り上げた複雑怪奇な医療保険制度規則を、医療機関に杓子定規に押し付けるのが、彼らの行う指導だ。その目的は、ずばり経済査定である。医療機関のなかには、医療内容が標準的な医療から外れていたり、極めてまれには、犯罪的な行為をしている者がいる。そうした医療機関・医師を取り締まることは結構なことなのだが、実際のところ、指導という名の経済査定で行われているのは、重箱の隅を突くような言いがかりで、医療機関に診療報酬の返還を求めることでしかない。最終的に、保険医療機関の取り消しという、医療機関・医師にとって、職業生命を絶たれる手段を彼らは持っているので、医療機関・医師が行政に対して否ということはできない。彼らのやりたい放題である。

旧社会保険庁の役人が、厚生局に移動してから、この「指導」が厳しくなったと聞く。以前から、指導を受けて、自殺した医師・歯科医師が存在した。職業倫理に悖る行政を行ってきた省庁から移動してきた役人が行う、こうした「指導」が、何もチェックされなくて良いものだろうか。厚生局の現在のやり方に強い疑問を抱く。



以下、引用~~~


旧社保庁OBがAIJ紹介


2012年3月3日(土)6時18分配信 共同通信


 企業年金運用会社のAIJ投資顧問(東京)が顧客の預かり資産約2千億円の大半を消失させた問題で、旧社会保険庁(現・日本年金機構)OBが複数の年金基金の幹部に、AIJに資金の運用を委託するよう勧めていたことが2日、このOBへの取材で分かった。また、同庁の幹部23人が、1999年8月~2010年9月までの約11年間で、全国の厚生年金基金の常務理事などに天下りしていたことも判明。


-------------------------------------------------------------------------------


複数の企業年金 旧厚生OBがAIJ斡旋 経営会社に役員受け入れ
産経新聞 3月3日(土)7時55分配信

 投資顧問会社「AIJ投資顧問」(東京都中央区、浅川和彦社長)が年金資産約2千億円を消失させた問題で、旧厚生省(現厚生労働省)OBがAIJとコンサルタント契約を結び、企業年金側に「AIJは年金資産の運用委託先として有望」と仲介していたことが2日、分かった。これを機に複数の企業年金がAIJと契約していた。このOBが経営する年金コンサル会社の役員をAIJ役員が兼務していたこともあり、OBがAIJと一体となり顧客獲得の一翼を担っていた実態が浮上した。

 このOBは産経新聞の取材に、複数の企業年金側にAIJを紹介したことを認めたが、「運用実態がこんな状態になっているとは知らなかった。AIJを勧めるときには『最終的に決めるのはそちらです』と念を押していた」と話した。

 OBは旧社会保険庁(現・日本年金機構)の年金担当や旧厚生省保険局医療課で課長補佐などを務めた70代の男性。退職後、都内の年金基金常務理事などを歴任した。

 関係者やOBによると、OBは平成16年に都内にコンサル会社を設立。AIJとコンサル契約を結び、20年ごろに契約を解除するまで、多くの企業年金担当者に「AIJは運用に安定感があり、大きな損はしない」と紹介。企業年金側からAIJの評判などを尋ねられた際にも「優良委託先」と勧めていた。

 このうち、少なくとも関西や中部地方にある4~5の企業年金が、AIJから「高利回りで運用できる」と虚偽の説明を受け、AIJと年金資産の投資一任契約を結んだ。この中にはOBが顧問を務める企業年金もあった。このうち関西の企業年金は現在もAIJと契約を結んだままという。

 コンサル会社はAIJから年間500万円前後の報酬を受け取っていた。また、AIJ前社長や現役役員が一時期、コンサル会社の役員を務めていた。

コメント

気をつけます

日頃はコンテストや5NN+NAME&QTHぐらいで楽しんでいますが80歳を過ぎましたので気をつけますが、そろそろ引退の時期かとも思いました。
ご忠告をありがとうございました!

Re: 気をつけます

いえいえ、一般論であるのと、私の個人的な考えです。自分への戒めですかね。ますますご活躍を!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2500-fd03d978

■開業つれづれ:十五名の震災殉職医師と終わらなかった世界

東日本大震災 十五名の震災殉職医師と終わらなかった世界 中間管理職  あれから一年。  世界は多くのものを失い、そして多くの人を失った。それなのに、世界は終わらなかった。  一年前の今日、...

  • [2012/03/11 13:04]
  • URL |
  • 勤務医 開業つれづれ日記・2 |
  • TOP ▲