FC2ブログ

打鍵操作時の脱力について 

電鍵を用いる際の姿勢については、以前にも何度か記した気もするが、最近改めて実感したことがあるので、もう一度記す。

電鍵は何でも大体同じだが、ここではパドルの操作について記そう。

パドルは、短点・長点のレバーを交互に親指・人差し指で押すことにより、各々を送出する。その際に、中手骨と指の骨の関節(MPJ)、指の近位の関節(PIPJ)それに遠位の関節(DIPJ)を、迅速に屈曲・伸展させる(関節の省略形は特に記す必要もなかったか 笑)。特に、MPJの動きが大きい。特に、MPJの動きが大きい。何も打鍵しない状態では、各関節は、軽度の屈曲位にある。丁度、手の中に卵を持つような具合だ。

この手の動きに関して注目すべきことは、各関節の動きは、屈筋と伸展筋とがバランスすることによって適切な動きになるということだ。人の筋肉には、常時ある程度の緊張があり、それは無意識に錐体外路系によってコントロールされている。この打鍵操作での手の動きは、そのベースラインでの筋緊張が低い方が良い。筋緊張を減らすためには、上記のとおり、手の中に卵を持ち、さらに肘関節も軽く屈曲位を取った方が良い。筋緊張が高まると、微細な動きに対応できなくなる。打鍵操作で誤りを生じることが多いのが、短点・長点間の移動に際してであり、これは関係する筋群の微細な屈伸が短時間に行われなければならないためで、その運動は、ベースラインの筋緊張が大きいと相対的に阻害される可能性が高くなるからだ。

その昔、某ハム雑誌にパドルを用いた打鍵の仕方について記事が載り、そこでは上肢から手にかけて、緊張を強くすることが勧められていた。これは、大間違いである。上記の通り、筋緊張を緩める・・・脱力することこそが必要なのだ。

こうした脱力の重要性は、楽器演奏にも通じる。チェロの場合、利き腕である右腕で弓を持つ。実際に弓を保持する右手は、卵を持つような形になることと最初に教わる。肘関節・手首の関節は、ボーイングによって伸展と屈曲を繰り返すが、基本は軽い屈曲位だ(手首関節は中間位)。いずれにせよ、脱力の姿勢が基本になる。弓の操作よりも単純な打鍵操作も、基本は同じなのだ。

私の運用机は、食卓用のテーブルなので、少し高く、椅子にリクライニングすると、腕を伸ばし気味にしなければならなくなる。すると、脱力が十分でなくなり、打鍵操作の誤りが多くなるという結果となる。肘関節が伸展位気味だと、手の関節群の緊張が低くなりにくいことによるのだろう。リクライニングを諦め、きちんと座って、各関節がかるく屈曲位になるようにすると、打鍵操作での誤りが少なくなる・・・まぁ、当然のことなのだが、最近それに改めて気づいた次第。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2572-d9144f49