FC2ブログ

産学共同体の学の一人、大橋教授 

東大工学部システム創生学科という講座に、大橋弘忠教授という方がいらっしゃる。彼のことは以前にもここで取り上げたことがある。プルサーマル計画の公開シンポで、小出京大助教と議論したビデオクリップが有名だ。

有名なビデオなのでここにさらす必要もないかもしれないが・・・



原子力発電所で重大事故の起きる確率は1億(年)分の一、プルトニウムは水道水から摂取しても無害(これは事実かもしれないが、摂取ルートを経口と言うことで、安全性について、誤った情報を流している)、と言い放ち、小出助教を冷笑しているのが印象に残る。

彼について、東電福島第一原発後に何も情報が伝わってこないと思っていた。北陸電力の原子力発電所の安全を議論する社外諮問委員会の委員になっておられるようだ。

最近、東電福島第一原発事故を経て、身内に感想を述べて、自らの大学のウェブに公開している。こちら

事後の批判だけをするのは生産的ではないかもしれないが、何が起きたのかを、彼は受け止められないのかもしれない。自然科学者は、事実をまず受け止めることから議論を始めないといけないのではないだろうか。東大のこの学科には、事故当時NHKで、事故を過小評価する論評を加え続けていた教授もいる。

東大工学部の原子力工学科の流れをくむこの講座は、原発産学協同体の主要組織として多くの人材を輩出してきた。大橋教授を含め、同学科全体が、原発政策への関与を真摯に反省すべきなのではないだろうか。

大橋教授も、元来東電の研究員の出身だそうだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2576-5b7e1a57