FC2ブログ

再免許申請 

8月に切れる無線局免許の再免許申請をネットを使って行った。パスワード等を得るのに1週間程度待たなければならないし、最終的な手続きはまだだが、手続きの本体と思われる部分は、総務省の当該ページを開いてい、2,3分で済んでしまう。要するに、これは再免許を得て無線を続けるかどうかの意思確認だけの手続きだ。便利になったものだと思う。

これと同じように、包括免許にしてもらいたいものだ。こちらは、再免許とは意味が異なるが、アマチュア無線家が、自作の機械で簡単に運用できないこと、既製品の機械であっても手を加えられないこと等々、アマチュア無線の本来のあり方からしておかしなことが多すぎる。

先日、WPXコンテストを前にして、その週末をどのように過ごすか、Steve N6TTと話した。彼は18メガ辺りのWARCバンドに逃げ出すという。私は、WARCバンドは10メガしか「免許されていない」と言ったら、きょとんとされてしまった。いやぁ、米国のように、免許は一つだけで、すべて包括免許というシステムの恩恵を受けていたら、この日本の免許制度の複雑さ・分かり難さは理解しがたいところだろう。従事者免許と、局免許が分かれており、局免許は固定と移動に分かれている。そして、ハイパワーでは検査に合格することが要求され、ローパワーでは、機械をペーパー上の「保障認定」を受ける。その保障認定には、天下り企業へ高額な認定料を支払わなければならない、となっているわけだ。

これで、また5年間は無線から離れないことになりそう・・・なければないで、無線に費やす時間を別なことに費やして、とも思わないでもないのだが・・・。

アマチュア無線の制度を、若い人々が入って来やすいものに変える努力をしてゆかなくてはなるまい。それが、アマチュア無線を半世紀近く楽しませて頂いた者の責務だろう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2578-8f05646d