FC2ブログ

Sandro EA6/I7ALE 

先日、FOCメンバーのMLに、東アジアから英国は遠いという内容の投稿をした(先日のポストにも記した)。一つは、北極回りのパスのためにあまり開けないためであり、もう一つは、西ヨーロッパを指定してCQを出しても、東ヨーロッパの連中に呼び潰されてしまうためだ。それに対して、何人かが個人的にコメントを下さった。Sandro I7ALEが、EA6からメールを下さった。彼は、ちょうど私を14メガで聞いたのだが、弱くて呼べなかったというのだ。

今朝、日の出過ぎに14メガを聞いた。強くないが、ヨーロッパ全域に開け、さらに大西洋経由でブラジルのPR7POも聞こえていた。CQを出した。Sandroが結構な強さで呼んできてくれた。EA6には明日まで滞在するとのことで、帰る前にお目にかかることができたというわけだ。お嬢様の住む場所からの運用らしい。交信後、メールであちらのセットアップの画像を送ってきてくれた。

アンテナは、1.75m長のホイップ。マグネット基台でエアコンに載せてあるだけ。ラジアルは二本だけのようだ。海を臨むのは南向き。北側には山があるようだ。

EA6 Antenna bis-1


EA6 Antenna-1


リグは小型のFT100D、パドルは、I1QOD作のパドル。

EA6 station-1


mini paddle-1


来年はヨーロッパに行くことを考えていると言ったら、是非イタリアに来るようにとのことだった。

ヨーロッパにはパスがなかなか開けにくい(私の運用している時間帯はとくに)ので、頻繁に交信する方はそれほど多くはないのだが、SandroのようにFOCつながりで、この20、30年間程の間に数多くお目にかかっている方も何人かいる。来年は、ドイツからスイス、イタリアかな・・・。

コメント

ホイップからでも、やはり信号は飛んではいるのですね。ちょっと元気が出ました。
US旅行、どうぞ楽しまれてきてください。

彼のこの場合、やはり海が近いのが効いているのかもしれませんね。でも、ラジアルもどきは一本みたいですし、良く飛んでくるものですよね。地中海のそよ風を運んできてくれた信号でした。

出発が迫ってきて、気持ちだけは焦っています。何しろ、20数年ぶりの海外旅行・・・。行ってまいります。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2624-bc35ad6b