FC2ブログ

出産は、危険を伴うもの 

出産時に重篤な合併症を生じる妊婦の数が、学会の調査で明らかにされた。

この調査で分かること・・・

○分娩・出産には、かなりの危険がつきまとうこと

○助産師だけによる分娩・出産は、より大きな危険を伴うだろうこと

○ある確率でこうした合併症が起きることを、妊婦・その家族は理解しておくべきこと

といったことだろう。助産所による分娩・出産を持ち上げているマスコミがいるが、助産所での分娩・出産で事故が起きた時に、マスコミは責任を取るのだろうか。

さらに、「産科医の減少は、ニーズの減少のためだ」などと他人事のようにのんびりした事を言っている、柳沢厚生労働大臣(および、彼を操縦している厚生労働省の官僚)の下では、こうしたリスクに対する根本的な対策は取れないだろう。

母親が偉大なのは、こうしたリスクを冒して、子供を生むことにある。彼女達が、安心して、出来うる限り安全なお産をするためには、産科医療を充実させることは待ったなし、だ。産科の現場の声に耳を傾けよ。こうしたリスクが現実となった時に、産科医が訴訟にさらされることを一刻も早く無くさなければならない。大野病院の加藤医師の公判を即刻取り下げるべきだ。

以下引用・・・

出産時に命の危険、年間2300人の妊婦が遭遇

出産時の大量出血などで母体に緊急治療が必要なケースが少なくとも年間2300件以上あり、これに基づく推計で出産の250件に1件の割合に上ることが、日本産科婦人科学 会周産期委員会(委員長・岡村州博東北大教授)の調査で判明した。

妊産婦死亡については国の統計で10万人に6人とまれなことが知られていたが、生命の危険にさらされる妊産婦が多数に及ぶことが初めて明確に示された。

調査は昨年、全国の同学会卒後研修指導施設と救命救急センターの計998施設に対して実施。2004年に出産した妊婦で、妊娠出産に伴い、重い意識障害や多臓器不全、脳出 血、子宮破裂、肺そくせん、2000cc以上の大量出血など、生命に危険があると判断した数と症状についてアンケートした。

335施設(回答率33・6%)からの回答を集計すると、妊産婦数は12万4595人で、このうち生命に危険があったのは2325人。回答施設には重症患者が集まる大規模 施設が多く、20人が出産時の大量出血、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)後の頭蓋(ずがい)内出血などで亡くなっていた。

この結果を、施設規模などを調整しながら、全国の出産数と妊産婦死亡数に当てはめると、高度な救命措置が必要な妊産婦は、推計で年間約4500人、約250人に1人の割合 で発生していることになる。

(2007年2月17日14時35分 読売新聞)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/266-9f2a7ad4