FC2ブログ

手短な交信の理由 

最近の交信は、国内外を問わず、ただリポートの交換だけになることが多い。リポート・QTH・ハンドルを送ると、BKで返し、さっさと終わるというパターンだ。そうなる理由を、以前から考えてきたが、いくつもありそう。

そうした傾向の背景には、やはり以前から繰り返して記している通り、コンテストとDXが交信そのものであり、普段もコンテスト・DXにならって行うという風潮がありそうだ。世の中で行われている、クラブのオンエアーミーティングとやらも、この形式を取っている。後者は、JAに独特な「文化」である。ビギナー諸氏が、そそくさと上記のスタイルで交信することが交信そのものだと思い込んでも仕方があるまい。

ついで、同じような理由だが、交信はQSLを集めアワードを得るための手段という方も多いことだろう。不思議なもので、アワードも完成する人が多くなると、ちょっとルールを変更して、新たなアワードを作り、またそれに向けてせっせとリポート交換だけの交信に励むというパターンがあるようだ。

最近、時々経験するようになったのは、デコーダーでCWを読み取り、それで交信をしている方もいる様子。先日のW6の局だけではない。今朝も、ドイツの大きな設備の局と交信したが、私のQTHを名前と取り違え、それを指摘しても全く反応なし。送信は明らかにキーボード。その局と交信終了後、別なDLの局が、あれはPCによる交信だとご丁寧にも注進してくださった。

さらに、交信をする時間的・精神的な余裕のないままにオンエアーしている方も増えているのかもしれない。これは自分にも当てはまることだが、気乗りしないままに交信を続けることがある。この場合、相手に対して失礼にあたると思い、できるだけそうした気分、状況の場合、交信を始めるのは止めておくようにしている。が、惰性に流されて、意味のない交信を続けてしまう場合がある。

いや、上記の理由による、手短な交信を否定するつもりはない。この忙しい時代に、技能習得に手間取り、交信そのものに時間がかかる、このCWというモードに出るのに、仕方ない側面もある。

が、それだけで良いのかという思いも当然ある。特に、リグ・アンテナの種類が千差万別になっている現在、リポートだけでは、自分の設備の動作・CONDXの把握すら十分できない。すなわち、相手の設備が分からなければ、判断できないのである。設備程度は教えてもらいたいと、そそくさと立ち去ろうとする相手にお願いすることもある。それが通じることもあれば、無視されるというか理解されぬこともある。

「CWというモードでの交信は簡単に楽しめる」といった類のキャンペーンは、功罪半ばする。末永く、意味のある交信をこのモードで続けるためには、それ相応の訓練と準備が必要だと思うのだ。

コメント

あのOAMのkey局を今は休憩させてもらってますが、最近は1st-QSOの局に、こちらのハンドルを送っても、「73 TU」しか返さない局が圧倒的に多いです。

「OP?」と尋ねてもOP名を返す局は2局に1局くらいの割合でしょうか?

そうなんですか・・・人様の楽しみにケチをつけるように思われては何なのですが、あれはあくまで度胸付けの機会であってほしいですね。あれが目的にになっては本末転倒のような気がします。

昔、SWLの時代を経て、オンエアーしましたよね。なぜSWLをもっと奨励しないのでしょうか。SWLを経験すると、CW受信技術も上達するし、マナーも覚えられるし、それに外国と交信するモチベーションも上がると思うのですが・・・。外国だけではなく、遠くとの交信でも良いですけれどね。

手短な交信は確かに多いと思います。理由は色々あると思いますが、①DXCCやJCCなどエクセルシートを塗りつぶすのを楽しみにしている人は599TUで十分②昨今ではクラスタ(国外国内に関係なく)でシートを塗りつぶす相手を発見することは簡単(ワッチしなくてよい)そしてレポート交換できればOK③結果としてDXCCやその他アワードが入手できれば満足(=他人に自慢出来る) と言う様なパターンではないかと思います。 ターゲットが明確と言えます(塗りつぶしが終わったらそのあとどうするかは??)。一方、他局と交流をしたいと思った場合、どのレベルまで出来れば満足出来るかは人により異なり、極端なところでは599TUかも知れません。DX局とお話出来、意見の交換を行おうとすれば、道具としてのCW&英語力に加え自分の考え(人生など多岐にに渡る分野)を表現する力と相手が言うことを理解する力が必要とされ、ハードルは相当高いと思います。リグの自作しかなかった当時は作った機器やアンテナなどの話がネタとなり話が進み交流が図られたと思いますが、それも今はほとんどなくなり、その結果、努力が必要なことは面倒ということで599TUで済ませるのが手っ取り早い・・・ということではないかと思います。 以上勝手な解釈でした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2705-6f43b542