FC2ブログ

楽器を受け取りに、桐生へ・・・ 

楽器の修理をお願いしていた方から修理が終わった旨連絡があり、今日の午後、群馬県桐生市まで出かけた。先日楽器を持参した帰り、暗くなってから通った道を、明るいうちに通ってみたくなった。この道は、幹線道路から離れて栃木県南部を東西に走る道(勿論曲がりくねっている)で、私の住む地域から東北道の佐野藤岡インターに行く際に、その昔頻繁に走った道なのだ。

東北道に乗ることは少なくなったが、どうしても乗る場合は、北関東自動車道に乗って栃木インターの近くのジャンクションで東北道に入ることが多い。

某医大の近く、畑の道端にコスモスが乱舞していた。

013-1.jpg

栃木市の東側、畑の中をまっすぐ伸びる道路。見通しが良く、いつも気持ちよく走ったものだ。西の方を望む。水平線近く見えるのは、岩船の山。この近くに、タワーを二三本建てHFのビームを上げていた局、それに大きなクランクアップタワーにやはり巨大なHFのビームを上げていた局があったが、両方ともアンテナが見当たらない。この20年程の間に無線を止めてしまったのだろうか・・・。

途中、やはり街並みが変わっていたため、二度ほど道に迷った・・・カーナビでしっかり確認し、前進。

017-1_20121019233058.jpg

特に懐かしい、ブドウ団地への入口。山の裾野にブドウ栽培農家が点在し、その間を縫うように走り、最後に峠を超えて、岩船町に入る。やはり、その昔、家族、母親と一緒に何度も訪れた場所だ。

021-1_20121019233116.jpg

ブドウ栽培はすでに終わっており、道端にあるブドウの直売所はどこも閑散としていた。

023-1.jpg

佐野藤岡インター近くで、50号線に乗り、一路桐生へ。

楽器は大変良く修理されており、安心した。ペグ穴を空けかえるという結構大きな作業だったが、ていねいにしっかりなされていた。楽器が多少変形したためか、魂柱が、やや相対的に短くなっているとのことだったが、今回は魂柱の交換はなし。修理の説明を伺い、早々に帰路についた。

桐生の街は、いつもこのような具合にシャッターの降りた商店が並ぶ。きっとどの小売店も経営が大変なのだろう。和菓子屋さんに立ち寄り、土産に美味しそうな大福と山菜おこわを購入。店主に伺うと、郊外の大規模店舗にお客が流れてしまうのと、製造業の撤退があり、町から人がいなくなってしまった、とのことだった。

026-1_20121019235127.jpg

一部東北自動車道、北関東自動車道に乗り、1時間と少しで帰着。今週末は、またピアノトリオの練習だ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2719-d825923e