FC2ブログ

Don N7EF 

Don N7EFと、7メガで会った。3,4か月に一度程度定期的におめにかかっている人物。実は、数か月前に、突然、彼が分厚い封書を送ってよこしたのだった。中身は、金正日の料理人だったかという日本人が、北朝鮮に行ったという記事の切り抜き。P5が彼にとっての最後のentityらしく、何とか私にP5に行って無線をしないか、という内容であった。勿論、これは彼一流のジョークである。P5と交信したいという希望はあるのだろうが、私に行くことは本気で期待していなかっただろう。

彼は、もう70歳台だと思われる。今日も、退職してから20年経ったと言っていた。1,2年前に会った時に、リタイアをどう過ごしているかの話題になったことがあった。彼は、旅行などには一切でかけないらしい。空港で雑踏に押し込まれ、搭乗手続きのために長い列に並ぶなど真っ平だというのが、彼の意見だ。今日会った時にも、ローカルのハムの集まりにも顔を出さないと言っていた。自宅で、庭に水やりをし、庭で採れた新鮮なトマトをサラダにして食べて過ごしている、とのこと。旅行?そんなもの、Googleで検索すれば、何千枚と画像が出てくるではないか、なぜ旅行に出かける必要がある、といった具合である。

私が、この夏、FOCの集まりでシアトル郊外に出かけたことも覚えておいでで、あの「Legendary Giants」の集まりに出かけたことは良く知っているよ、と仰るので、吹きだしてしまった。そんなことはない、単純でCWには熱意たっぷりな子供のような方々ばかりだったと申し上げた。

チェロと弦楽四重奏(ピアノトリオの間違い)を続けているかと尋ねられたので、可愛い女性二人にお相手をして頂いていると言うと、是非録画してyoutubeに載せろと、彼。前回の練習で、カメラの動画に納めてみたのだが、電池切れで途中で切れてしまったので、今回はダメだったが、今度きちんととれたら、秘密のurlをお教えしようと申し上げた。

彼は、きっと世捨て人のように周囲からは観られているのかもしれない。でも、彼との知的で刺激的な会話(大した内容ではないが)は楽しい。少し、シニカルなところもあるが、その背後に、暖かな眼差しがあるように感じられる。Donのように歳を重ねて行ければ良いなと思った。チェロの練習をしなくてはならないことを思い出させてくれた、と言って、お別れした。

さて、本当にチェロの練習だ・・・。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2723-fd2444b2