FC2ブログ

Jerry K9JB 

最近、7メガで夜中にお目にかかる常連になったお一人、Jerry K9JB。ウェイトが少し重めで、dot dashレシオの大き目な、鋭いキーイングで颯爽と現れる。彼のキーイングは、ふた昔ほど前Old Timerが好んで使っていたセッティングだ。今は亡きGene W7KRUが、こんな風な送信をしていたな、と耳を傾ける。 Lake Tahoeの近くで、この画像に写る愛犬Corbyと生活をしておられる。隣の女性は、家族ではない。美しい犬だこと。

image002 (1)

すでに70歳というが、お元気そうで、何時もリグの改造を企てている様子だ。今のところ、コリンズのSラインのQSK、それに受信機を半稼働させて送信をモニターする改造に忙しそう。この画像に写るように、リグがきちんとケースに収まっていることは殆どないようだ。それにしても、美しいリグである。このシンプルなセットアップ、見習いたいものだ。送信機が少しドリフトし、そのたびに、キュイーンと周波数を合わせるのはご愛嬌だ。

テーブル上のコーヒーカップには、"WARNING -- Beware of the Ham Radio Operator"と記されているらしい。

image001 (1)

先日、お別れするときに、これからチェロの練習だと言うと、「実はね、私は音楽で学位を得たのだよ。」とこともなげに言うのでびっくりした。ピアノが専門だったらしい。今も、95年前のスタインウェイを持っているらしい。

コンピューター関係のエンジニアをリタイアしたと知っていたので、なぜ音楽からエンジニアに、と尋ねると、「簡単さ、お金だよ。」と言って笑っていた。

Lake Tahoeに是非遊びに来るようにと誘ってくださった。何時かはお邪魔して、彼の弾くベートーベンに耳を傾けてみたいものだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2730-8f465b40