この時期になぜ電気料金値上げを、足並みそろえて発表する? 

電力会社が相次いで電気料金の値上げを申請している。なぜこの時期なのか?

近々行われる衆議院選挙で、原発依存を止めるという主張の政党には逆風を、原発依存を続ける政党には、順風を吹かせようという、電力業界、そして恐らくその背後にいる原子力利権共同体の方々の意向が働いているのではないだろうか。もし、値上げの必要性があったとしても、この時期にほぼ同時に足並みそろえて公表するのは不自然極まる。

さらに、是非、電気料金値上げ分に、原発の廃止コストが入っているのか、事故をおこした場合のコストを考慮しているのかを聴きたいものだ。

地震活動の活発な時期に入ったわが国で、原発を作動させ続けることは危険極まる。また、放射性廃棄物の処理の目途がたたないまま、原発から放射性廃棄物を垂れ流しのように出し続けることは許されない。

再生可能エネルギーの開発を大至急進めるべきだろう。そこで、技術革新が起これば、エネルギー事情の好転・安定化とともに日本経済の再生にも結び付くはずだ。原子力利権共同体の策動に乗ってはならないと強く思う。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Nさん

その昔、21メガで良くお目にかかりましたね。良く覚えています。お嬢様、おめでとうございます。また、一頑張りしないといけませんね。体を労わりつつ、お仕事をお続けください。無線の方でもお目にかかります。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2758-cdaba249