FC2ブログ

今朝の7メガ 

CW FreaksというMLに先ほど流した、私の発言・・・

~~~

今朝、6時前に起き出して、7メガから聞き始めました。東ヨーロッパまでしか入感していませんでした。ビームを南西に向けて、北米のロングパスを狙い何度かCQを出します。VE3が、ひどいエコーを伴いながらコールしてきました。ショートパスも開いているのか確認する時間はなし。他にWが二局。とても弱い。必死にコールをコピーしようとしましたが、かなり手間取りました。今日は、CONDXが今一だったようです。後二日で冬至なのですが、ロングパスのシーズンはそろそろ下り坂でしょうか。

ノイズに覆われたような信号をコピーしようとしながら、聴機能を担う神経が、総動員して、コピーしようとしているのを自分で感じました(大分草臥れてきてはおりますが)。で、ノイズの隙間からすこしずつ聞こえる情報をつなぎ合わせて、何とかコールを取ります。情報がまず短期間の記憶に、そのまま記憶され、それらを統合し、一つの意味のある情報(この場合、コールを構成する文字)を得る、という作業は、二段階で進むような気配。無意識に近いところで、「生の情報」を聴こうとする自分がいることに驚かされます。これは、普通の会話などでも行われる作業のようが気がします。

だからどうだってことはないのですが・・・

微弱な信号をコピーする側として、呼ぶ側にお願いしたいことは、QSBのスパンが長い場合ないし雷ノイズのような短時間のパルス性のノイズであれば、むしろQRQが良いし、持続的なホワイトノイズが多い場合は、ゆっくりの方が良いし、経験がやはり必要になりますね。何度も繰り返しても、取ってもらえない場合は、スピードを変える、またほんのわずか周波数を動かすことも必要でしょう。、

というわけで、私の個人日記になりつつあるML 笑。あとしばらく14メガをワッチして仕事にでかけます。

ja1nut@恐らく外気温はマイナス10度の世界・・

~~~

で、これを送った直後に、コロラドのGeo W0UAからメールが入った。彼が私の信号を先ほど7メガで聴いたというのだ。彼のアンテナは、10数m高のロータリーダイポール。どうも、ロングパスではなく、ショートパスが開けていたのかもしれない。この時期、北極経由の少しskewしたパスが、北米に向けて開けることがある。CONDXによっては、西海岸まで開けることがある。

無線をやっていない方にとっては、あるいは無線をやっている方にとっても、どうでも良い情報ではあるが、こんなところにも不思議さを感じ、また魅入られてしまうわけだ、

さて、本当に出稼ぎに出発だ。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

半分くらいは、私の日記になっております 苦笑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2780-f01c11f5