FC2ブログ

K0RUの4square 

今日(正確に言うと昨日)の7メガは昼過ぎから、弱くだが北米西海岸が聞こえるほど良好なCONDXだった。ここで紹介する4squareの持ち主Rob K0RUと交信した直後に呼ばれたVic K9UIYに3.5メガに下がってみないかと誘われた。外はまだ明るかったので、3.5メガはVicの住むイリノイへはまだ開いていないだろうと思った。が、Vicの100WにLWの信号はしっかり入感し、交信が成立した。Vicはラジアルを55本敷設し、LWエレメントは北向きとのことだった。

そのような良いCONDXに恵まれたこともあるが、日の沈む前のRobの信号は、時々S9+を振って入感した。彼の4squareの威力を実際に体験させて頂いた。15m高のダイポールでは、S4から5であり、S5程度の差があった。4squareのバックでは、Sが1から2まで落ちる。フロントゲイン・F/B比共にフルサイズ3エレ八木を超える性能なのではないだろうか。

floating radialを、各エレメント14本張っているようだ。当初4本だったが、12本に増やしたら性能が大幅に改善したので、14本にした様子。画像で見る通り、木製のポールにエレメントを直付けしているので、雨の時にトラぶらないかと尋ねた。雨・雪等で全く問題ないそうだ。

各エレメント間隔が10m、それにラジアルも10mとなると・・・日本では、おいそれと張るわけにはいかないが、単独のエレメントのverticalを立ち上げる際に参考になるのではないだろうか。

DSC_1277.jpg
DSC_1294.jpg
DSC_1266.jpg
DSC_1298.jpg
DSC_1303.jpg

コメント

敷地があったら低コストで再現性も高そうでFBですね。3.5で展開できたら素晴らしい。

3.5のフルサイズですか・・・ラジアルをまっすぐ展開すると60m四方の土地が必要ですね。3600m2か・・・。

確かに、効果は絶大でした。フルサイズ3エレ以上の動作ではないかしらん。それに、回転させる必要がないのも大きなメリットですね。

でも、銅線とアルミ板を圧着していますが、電蝕が起きてこないものなのでしょうか。今度尋ねてみようと思っています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2800-2add5fcb