FC2ブログ

週末の夕食 その33 

先日失敗したあら汁のリベンジ。今夕買い物時、さばのあらが目に留まった。塩じゃけではないことを確認して購入。あら汁のリベンジである。

まずさばに付着した血を水で流す。その後、沸騰したお湯に通し、薄切りにした生姜と煮る。根菜類を加えて、さらに煮込む。最後に、味噌汁を加えて出来上がり。

いやぁ、旨い。出汁と脂身が程よく溶け出し、生姜がきりっと味を引き締め、旨い。

002-1_20130121195108.jpg

あら汁というと、大学を辞めて、市中病院に出るまでのしばらく休暇をとり、姫川から糸魚川にドライブをした時のことを思い出す。姫川沿いの国道が、糸魚川にようやく出て、北陸道にぶつかるところに、五洋水産というドライブインがあった。海岸にほど近く、土産物や、魚を売っていたようが気がする。だが、トラックドライバー相手の飯屋のようだった。早朝に着き、そこで、あら汁を食べた。感動するほど旨かった。あれ以来、もう一度あら汁を食べてみたいと思っていた。今回、それに準じたものができたと自負している。

でも、またあの飯屋に行ってみたいものだ・・・五洋水産は、まだあるのだろうか。

コメント

北陸の飯屋

今から30年ほど前、年末休みの2日前,富山と新潟の県境の親不知にある電力会社の無線機器が故障で、雪の中を一日中ライバンで到着し、翌日修理完了。
昼食で入った汚い飯屋の”どんぶり”が旨かったこと。今でも忘れられません。
すぐ裏は薄暗い日本海で強風と雪が舞ていたことを思い出します。

あの辺りは、朝日町でしたか。そちらから、冬に行くとなると、大変なドライブだったのでしょう。それから厳しい寒さの中の仕事。その後にありついた、どんぶり飯、ほっとした気持ちもあって美味しかったのでしょうね。

私は、春になったら、ゆっくり出かけてみようかと思っています。姫川沿いの温泉に浸かりに・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2805-a5608f4c