FC2ブログ

帰り道で聴いた国会中継 

今夕、パートの仕事を終えての帰路、ラジオで国会中継に耳を傾けた。民主党の議員が質問に立っていた。が、その内容は、あたかも与党議員であるかのようだった。安倍首相の政策を持ち上げ、TPPに積極的に参加すべしという趣旨を述べていた。安倍首相の財政出動で、日本のデフレは何も変わっていない。ただ、円安に為替相場が振れて、それに伴い、輸出企業を中心として、株価が上昇しているだけに過ぎないのにである。

米国がTPPで目論むのは、輸出拡大により、自国の雇用を確保することだ。互恵関係などということはない。TPP参加予定国のGDPからすると、米国が照準を合わせているのは、日本ということのようだ。米国では、農産物等で多額の政府補助金があり、農業等が保護されている。それは撤廃せずに、日本の市場の完全自由化を米国は求めてくることだろう。医療では、繰り返し述べている通り、公的保険をなし崩しに形骸化させ、米国の保険資本がわが国に入ってくる。国民が支払う保険料は、一桁上がることだろう。さらに、医療機関も保険会社との折衝に疲弊し、やがて巨大医療資本に吸収されてゆくことが見えている。グローバリズムとは、小さなものは搾取されさらに小さくなり、大きなものはさらに大きくなるプロセスだ。民主党にはそれが分からないのだろうか。自民党は対米従属であり、TPP参加しかありえないのだろう。

民主党の議員は、官僚上がりの議員らしかったが、安倍首相や行政改革担当大臣を盛んに持ち上げていた。安倍首相は、改革者であるとまで言っていた。これが野党議員の言うことなのか。こんな民主党では、自民党の暴走を食い止める役割は担えないと暗い気分になった。

一方、麻生財務大臣は、日銀が国債の買いオペをどの程度しているか、知らない様子だった・・・。毎年22兆円の国債を日銀が買い込み、金を市場にばらまいているわけだ・・・それだけ、日銀のバランスシートが悪化していることになる。この政府で、一体大丈夫なのだろうか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2815-0d735186