FC2ブログ

こんな交信の始め方も・・・ 

今夜、7021KHzで・・・

JA1NUT; QRL?

K6ZB; GA

JA1NUT; ?

K6ZB; DE K6ZB

JA1NUT; WHOM DO YOU KNOW I AM?

こんな風に、Bruce K6ZBと交信を始めた。
ここで、彼が私のコールを即座に打ってくれば、感激もの
だが、そうはならず・・・。

彼とは、1980年に初交信。そろそろまた交信したいと
思っていた、なんて喜ばせることを言っていた。

コメント

ユーモア

> そろそろまた交信したいと思っていた

そんな歯の浮くような言葉、日本人同士なら誤解とケンカの種になりそうで、決して軽々しく口にしてはならない言葉ですね。

この日本も、そんなユーモアがあふれる、潤滑油が隅々まで染み通った社会にしたいものです。

けんかの種という言葉で思わずにっこりしてしまいましたが、無線をやっていると、WのOM連中は、時々そうした「甘い」言葉を口にされますね。「丁度お前のことを考えていたところだ」とか・・・。

Bruce K6ZBとの初交信は、1980年。27年間の付き合いになります。現在、64歳だそうで、8年前にヒューズ社を退社、現在コンサルタント業をしているらしい。ARRLテストの最中は、東海岸で仕事だったが、バージニアの義理の妹の家で1/4波長のワイアーとアンテナチューナーでコンテストしていたそうでした。10日間の出張なのに、無線機を持参で行くとは・・・。

さて、これからまた仕事です。急患2名・・・。

お国柄?

「甘い」言葉ですか。もし日本の男が口にしたら、ちょっと別な意味で怖いものがありますね(笑)。

日本だと、無線機よりノートPCを持参しますね。最近は、どのビジネスホテルもネット環境完備ですし、必ずしもANTを展開できるとは限りませんから、なおさらのことかもしれません。ちなみに私の場合、せいぜいUHFのハンディ機を持参するのが精一杯でした。

ところで、初めてOMのQSOを40mバンドでワッチしています。CwGetで片手間に解読させていますが、欧文ラグチューの様子を間近に見ることができて、とてもラッキーです。ATUでチューンできないベランダ仮設の短縮DPでも、599で非常にクリアです。ただし、WのQSO相手は聞こえませんが…(涙)

CwGetというのは、解読ソフトですか?
N6ZIと交信していた時ですか?早く、自宅から電波を出せるようになると良いですね。

K6ZBからヴァージニアでの設備の模様をメールで送ってきたのですが、迷惑メールボックスに入っていたので、診る前に思わず削除しちゃいました。残念。彼のアドレスも分からんし・・・。

昨日今日と、CONDXが絶好調です。

CwGetはCW解読ソフトです。連続して試用可能なシェアウェアですが、解読率はなかなか優秀だと思いますし、キーヤーソフトのCwTypeやAALogと組み合わせて使うことを前提にデザインされているようです。

私がワッチしていたのは、WQ7ODEやN6ZIとQSOなさっていた時です。その後もCQとQSOをワッチしていましたが、他の作業に没頭していたので、内容までは耳に入りませんでした。

いずれにしても、あまりの強力さにびっくり仰天でした。早くアンテナ工事が始まることを願いながら、日々40mバンドをワッチしています。

7MHzはCONDXが良いのですか・・・愛用のバーチカル(容量環付8.5m長:自作)を低くしたためか、何も聞こえず、です。今までは、Gでも5Hでも、聞こえさえすればどうにかレポート交換くらいはできたのですが、現在ではWさえノイズレベルです。給電点の高さ10mから6本のラジアルを空中展開したグランドプレーンと、地上高3mのエレヴェイテッド・バーチカルとの差なのでしょうか。先生は、かつて、バーチカルを使用されて、いろいろと研究もされたようですが、何か良きアドバイスがありましたら、ぜひ、ご教授いただけませんか。ローバンドの垂直アンテナでも、十分な地上高は必要なのでしょうか? 横から口をはさむような書き込みで申し訳ありません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/282-bc4f67f1