FC2ブログ

昼休みの院長室から 

チェロに触れることが出来るのは、専ら昼休み。昼ごはんが終わって、少し休んでから、午後の外来が始まるまでの時間、チェロと向き合う。

某他県のオケが、ブラームス4番をやるというので、知り合いから誘われたが、やはり毎日曜日午後から夜でかけるのは無理と思い、お断りした。

というわけで、簡単な音階練習をしたあと、チェロのソロやバッハの無伴奏を、あちこち抓んで弾いている。特に、バッハの無伴奏は、練習曲としても良いように思えるし、曲自体も素敵なので、弾くことが多い。2番のプレリュード、こころにじ~んと来る。3番のプレリュード、アルペジオの部分、ローポジションで親指を使うところがあり、音程が取りにくい。それでも、時々、バッハが思い描いたであろう大きく深い構造が、ふっと眼前に現れることがある。4番のプレリュードも、音が飛ぶが、癒しの音楽だ。プロの演奏家のように、完璧にはとても弾けないが、自分の部屋で、自分のために弾く分には、今のままでも十分。

締めくくりは、ゆっくりしたメロディの美しい曲。フォーレの「夢のあとに」のような曲。ここら辺になると、本当に酔っちゃってる・・・みっともない(笑。

ま、腕の上手い下手はさておき、何かに没入できるのは良いことだ。

さて、今日は、2番のプレリュードからいくか・・・。

コメント

はじめまして。

羨ましい、素敵なお昼休みですね!!
私も定期演奏会で時々ラッパを吹く程度ですが、
のってくると時間を忘れてしまいます。。。

よろしければ相互リンクお願いいたします。

■ゲンキブログ(ブログポータルをはじめました)
http://genki-blog.jp

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/285-7723bd43