FC2ブログ

原子力損害賠償支援機構 

タイトルの名の特殊法人がある。原発の事故に際して、損害賠償をするための保険を扱う組織だ。毎年電力会社から、1000億円を超える金(保険金)を集めている。その事業は、保険金集め、保険金支払い以外に、東電福島原発事故以来始まったであろう、被害者への無料相談を行っているらしい。事業内容としては、複雑なことはない。扱う金額が大きいだけの組織である。

こちらにこの組織の役員、職員給与、役員の履歴等が掲載されている。理事長こそ大学から特殊法人を経由して、この組織に席を得た人物のようだが、常勤理事は見事に天下り官僚が占めている。特殊法人の役員給与としては(あくまでこの限定つきだが)、それほど高給ではない。が・・・驚くべきことに、常勤理事の年収が、理事長年収を上回っている。恐らく、理事長職は名誉職であり、実務は理事が担当しているためなのだろう。それにしても、天下り官僚の天下である。

また、職員の内、特別職という12名の職員の給与が、1300万円超ととびぬけている。恐らく、彼らが、管理職で第一線の仕事を統括しているのだろう。こうした職員の出身も知りたいところだ。

東電福島原発事故が起きてからは、さすがに多少は忙しくなっただろうが、それまでは、電力会社から保険金を収納するだけが仕事だったのではあるまいか。それが、この給与レベルとは恐れ入る。

原発を再稼働しようという動きが、様々なところで見受けられる。この組織等は、原発が稼働して初めて仕事になる組織だから、原発再稼働に向けて組織を上げて運動しているのではなかろうか。天下り官僚をこうして養うために、原発が再稼働されようとしているのかもしれない

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2853-a455db67