FC2ブログ

偽装請負問題 

が、国会で激しく議論された。仕事の合間に、ちらちらと中継のテレビを観ていた。

経団連会長御手洗氏が会長をするキャノンが、岡田さんのご紹介のあった、偽装請負を行っていたようだ。そのような会社のトップが、経団連や、政府の諮問会議のメンバーに名を連ねているのは好ましくない、ということだ。尤もなことだ。

安倍首相の著書「美しい国へ」、私は読んでいない(意地でも読む積りはない)が、「小さい政府」即ち「低福祉国家」を目指すと、この著作の中で公言しているらしい。介護は、自宅で家族が行うべきだという。一体、家族の誰がそれを担うのか。その一方では、財政諮問会議の議論でも分かるとおり、労働者・国民を搾取することに汲々となっている。財政諮問会議の議事録は、ネットで検索すれば出てくるので、是非目を通してみて欲しい。企業にとって都合のよい労働力をいかにして得るか、ということが彼らの大きな目的だ。

財界と一体になって、国民に対しては低福祉を強いて、大企業に対しては、国際競争力を高めるという名目で、支援して止まない現政権。来るべき選挙では、この政権を支持するかどうかで、我々の生活ががらりと変わることだろう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/286-210726a9