FC2ブログ

産科小児科崩壊 

勤務医開業つれづれ日記に、全国の産科・小児科の崩壊の現況が詳しく載っている。

柳沢厚生労働大臣は、産科医の減少は、小子化に伴うニーズの減少によって起きていると述べた。

現政権は、医療福祉は抑制する、入院病床は減らす、高齢者医療は限られたものにする、介護は自宅で行ってもらうと言明している。

大学病院医局を、新研修制度によって、壊しておいて、地域医療を担う代替のシステムを、官僚は事前に築かなかった。これは、どうも意図的なもののようだ。地域医療は、崩壊すべしというのが彼らの意図だ。

「美しい国へ」、着々と進む日本・・・。

コメント

産科医療の崩壊だけは、官僚達の意図を超えた、むしろ意図に反する現象なのだろう。連中にしてみると、機械のように働き、年金負担をしてくれる国民が増えて欲しいというのが本音だからだ。

何故、産科医療崩壊を食い止める手立てを打てずに、責任者の厚生労働大臣が産科医のニーズが減少しているなどとのうのうと言っていられるのか。

恐らくは、現場を知らない、無知さ加減のなせる業かもしれないし、法務省と産科訴訟の対策を機敏に取れない厚生労働省官僚のシステムの硬直性なのかもしれない。それとも、単に無責任というだけのことか。この最後の可能性も、今までの薬害を思い返してみると、大いにありうる。

産科が崩壊しきって、国民に血のにじむような痛みが生じたときに、官僚・政治家それにマスコミは、どのように弁明するのだろうか。そこに至っても、産科医を非難するのを止めないのだろうか。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/287-c989e744