FC2ブログ

母没後2年 

母が、遠く仙台近郊の病院で亡くなって、2年経った。明日、弟夫婦が仙台からやって来る。両親がかって住んでいた離れを数日かけて掃除し、今日は布団を干した。狭い居間兼台所、各々の居室、それに廊下を掃いて、拭き上げた。生活感はさすがに徐々に薄れてゆくが、まだ両親がふっと現れそうな気配を感じる、

もうだれも住むことのない離れをいつまでこうして維持するのか・・・きっと我々兄弟のこころのなかから、両親がすっと別な世界に移りゆくまでだろう。私たちの次の世代になれば、きっとさっさと取り壊されるのだ。

庭もできるだけきれいに保つようにしている。雑草との戦い。欅が新緑の葉を豊かに茂らせ始めた。離れの東側に植えられた梅には、実がなっている。庭には、さまざまな花を植えた。父が植えたジャーマンアイリスが涼しげな花を咲かせている。

こうしたことは長くは続かない。だが、このひと時が、私たちにとっては永遠の相を垣間見ることに繋がるのだ。


001-1_20130428131415.jpg

010-1_20130428131418.jpg

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2875-c0b39e5f