FC2ブログ

HFがノイズに覆われる前に 

今朝9時頃、いつものように21メガに出た。すると、間欠的なノイズがバンド中で聞こえる。Sは、一つか二つ程度なのだが、弱い信号は完全にマスクされてしまう。14、28メガでも聞こえるが、メインは21メガ付近。広帯域に出ているノイズのようだ。ビームを回すと、北西方向に明らかなピークがある。そちらの方向には、数百メーター以上先にしか家はないので、もし何らかのノイズ源があるとすると、かなりの大きなもののようだ。

ネットで調べると、ソーラーシステムがこの周波数帯へのノイズを生じるようだが、間欠的なノイズなのだろうか。今のところ、朝の北米向けに21メガが使いにくいだけで、それほど実害はないので、放置することにした。が、こうしたノイズに囲まれて無線をしなければならない、都市部のハムの苦労を改めて思った。

PLC問題に関して、JA1ELY草野氏等が引き続き法的に対応している。電波審議会では、原告側の見解をある程度認めつつも、訴えを却下され、現在は高裁に控訴している段階だ。私も、原告の一人にさせて頂いていている。書類上だけのことなのだが・・・。PLCは、スマート電力構想に利用される可能性があるとも聞く。そうすると、HFはどこでも使用不能になる可能性が高い。そうなってからでは、対応は無理ということになってしまう。対応をするなら、今の内だ。草野氏によると、控訴段階で、原告に加わる方が減ってしまい、控訴費用の捻出も大変だった様子。もし、関心を持たれた方がいたら、草野氏に今からでも連絡をとってみて頂きたい。こうしたノイズという技術的な暴力から逃れるには、それが広く使われるようになる前に対処する以外にない。行動するなら今だ。

控訴書面はこちら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2913-c19ce113