FC2ブログ

Matt N7EG 再び 

昨夜、Matt N7EGに再びお会いした。最近よくやるように、Qrz.Comの彼のページを覗きこむ。彼が、シャックに座った画像がアップされていた。

なかなかの相貌である。白髪に白いひげを蓄え、少し気難しげな様子でカメラを見ている。もうちょっとsociableな感じの方かと思っていた。だが、「外見は、旧約聖書に出てくる預言者のようですね」と申し上げると、受けてくれた。白髪なので、年配に観られて仕方ないといって笑っていた。もう十分年配なので、彼流のジョークである。

リグは、昔のSWANのリグが四台。驚いたのは、立派なSilver Eagleというマイクが、で~~んと運用机の真ん中にあったこと。それを言うと、これ以外に四つ持っている!!とのこと。災害時の緊急通信網であるFEMAでの訓練に用いるためらしい。FEMAのチーム100名中、CWのオペは、二人だけだとのこと、CWの将来が思いやられると仰っていた。コンテストは一度もやったことがない、とのこと。

コンテストは、アマチュア無線をdemeanする、とのこと。おぉ、同志がここにいた、という思いだ。彼は、無線を始めて以来そのように考えてきているらしいので、私のようなナンチャッテコンテスターを経験し、その挙句に宗旨替えした軟弱者とは違う。それにしても、はっきりとこう言い切る彼に乾杯である。

退役軍人病院でのヴォランティアについてもまた言及していた。退役軍人には、アルコールと薬物の中毒に陥るものが、とても多いらしい。彼自身も、そうなりかけたことがあるので、切実な問題なのだろう。国防軍を創設し、集団的自衛権によって海外での戦争に参加、国民の人権を公の秩序に反しない限りのみ認め、行く行くは徴兵制を視野に入れている、某政党政策担当者に聞かせてみたい言葉である。

無線では、優しそうな、とても楽しそうな雰囲気の方なのだが、実際には気骨のある人物なのだ。私も、彼のようになれるか・・・なれるように努力したいものだ。

n7eg.png

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2923-6a0cfc48